マーケット総合情報

朝刊

  • 更新日:17/03/29

2017/3/28 付 中心限月価格<現地時間>

銘柄 限月 終値 前日比
NY金 17/04 1255.6 -0.1
NY銀 17/05 1825.2 14.4
NY白金 17/04 957.4 -11.6
NYパラジウム 17/06 792.60 -1.85
NY原油 17/05 48.37 0.64
NYガソリン 17/04 163.49 1.60
シカゴコーン 17/05 357.75 2.00
シカゴ大豆 17/05 972.00 0.50
NYダウ 20701.5 150.52
ドル/円 111.10 0.49
ユーロ/ドル 1.0809 -0.0050
NY為替
28日NY為替市場のドル円相場は、1ドル=111円10銭近辺で取引を終了した。今日も昨日同様に朝方はドル売り円買いの動きが強まり一時110円10銭台まで下落したがライアン米下院議長が税制改革に取り組む姿勢を明確にしたことがドルの買い戻しを誘い、円ドル相場は反発し、111円台を回復した。NY株式や米債利回りの上昇も円売りドル買いの支援材料となった。
NYダウ
28日NY株式市場は今日発表された消費者信頼感指数が事前予想を大幅に上回り2000年以来の高水準となり米経済の堅調さが改めて示されたことで景気に対する楽観的な見方が広がり金融株、エネルギー関連株などが買い戻され、前日比150ドル52セント高の20701ドル50セントと9営業日ぶりに反発して引けた。ハイテク株中心のナスダック指数は3日続伸し、5875.14(前日比+34.77)で取引を終了した。
NY貴金属
金4月限は1255.6ドル(前日比-0.1)。白金4月限は957.4ドル(前日比-11.6)。金4月限は引き続き安全資産としての買い需要で底堅い動きとなっていたが為替のドル高進行とNY株の大幅反発で利益確定売りが優勢となり、ほぼ横ばいで引けた。プラチナは為替のドル高や米景気拡大による利上げ観測で売り圧力が強まり大幅反落した。
NY原油
原油5月限は48.37ドル(前日比+0.64)。原油はリビア最大の油田が武将集団の妨害を受け生産停止となり生産量が低下しているとの報道やNY株式の大幅上昇でリスク選好の動きから買われ反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は357.75セント(前日比+2.00)、大豆5月限は972.00セント(前日比+0.50)。コーンは、昨日まで3日連続で年初来安値を更新していたことで売られすぎの見方が台頭し、今日の株高、原油高、他の商品相場の上昇に後押しされて反発に転じた。大豆はコーンと同様に下げトレンドが続いていたことから売られすぎとの見方が広がり原油や他の穀物相場の上昇が支援材料となり小反発した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米2月卸売在庫(前月比)+0.4(予想+0.2% 前回-0.3%)
22:00米1月ケースシラー住宅価格指数(前年比)+5.73(予想+5.60% 前回+5.47%)
23:00米3月消費者信頼感指数125.6(予想114.0 前回+116.1)
23:00米3月リッチモンド連銀製造業指数22(予想15 前回17)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。