マーケット総合情報

朝刊

  • 更新日:17/02/27

2017/2/24 付 中心限月価格<現地時間>

銘柄 限月 終値 前日比
NY金 17/04 1258.3 6.9
NY銀 17/03 1833.9 22.2
NY白金 17/04 1028.7 16.8
NYパラジウム 17/03 771.65 -1.65
NY原油 17/04 53.99 -0.46
NYガソリン 17/03 151.48 -1.38
シカゴコーン 17/03 364.00 -1.50
シカゴ大豆 17/03 1013.50 2.00
NYダウ 20821.76 11.44
ドル/円 111.91 -0.64
ユーロ/ドル 1.0560 -0.0017
NY為替
NY為替市場のドル円相場は円が3日続伸し1ドル=112円10銭台で取引を終了した。24日発表された1月米新築住宅販売件数が55.5万件と予想(57.1万件)を下回ったことから債券市場で国債を買う動きとなり米10年債利回りが低下したことでドルが売られ円を買う展開となり2月9日以来約2週間ぶりに112円を割り込んだ。
NYダウ
24日のNY株式市場でNYダウが11営業日連続で最高値を更新し、終値は前日比11.44ドル高の20821.76ドル。SP500指数も3.53ポイント上昇し2367.34となって過去最高値を更新した。ナスダック総合指数は5845.31(前日比+9.80)。米国債券高による長期金利の低下が嫌気され金融株が売られた。反面、公益事業関連や通信関連株が買われ指数を押し上げた。28日にはトランプ大統領の上下両院議会合同の一般教書演説も予定されておりそこでトランプ政権の大規模な税制改革や財政出動などについて具体的な話が出るか注目される。
NY貴金属
24日の金4月限は3日続伸し1258.3ドル(前日比+6.9)。白金4月限は1028.7ドル(前日比+16.8)。23日にムニューシン米財務長官がTVインタビューでトランプ政権の税制改革や年内での経済政策の実効性が遅れる見通しを示したことで目先トランプ政権の政策運営に対する不透明感が台頭し、欧州政治リスクへの不安も残るため安全資産としての金へのシフトが活発化している。
NY原油
原油4月限は53.99ドル(前日比-0.46)。米国国内での石油在庫が過去最高水準となったことや米石油サービス会社が発表した米国内のリグ(掘削設備)の稼動件数が前週比5基増えて602基となり6週連続で増加したことなどから需給悪化が懸念され軟調となった。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は364.00セント(前日比-1.50)、大豆3月限は1013.50セント(前日比+2.00)。コーン3月限はファンドの整理売りが圧迫要因となり続落した。大豆は前日までの下げの反動から押し目買いが入り反発した。
今日のニュース
主な経済指標結果
24:00 米1月新築住宅販売件数55.5万件(予想57.1万件 前回53.5万件)
米2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報96.3(予想96.0 前回95.7)  

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。