マーケット総合情報

朝刊

  • 更新日:17/03/24

2017/3/23 付 中心限月価格<現地時間>

銘柄 限月 終値 前日比
NY金 17/04 1247.2 -2.5
NY銀 17/05 1759.3 1.5
NY白金 17/04 963.8 1.9
NYパラジウム 17/06 800.15 10.70
NY原油 17/05 47.70 -0.34
NYガソリン 17/04 158.96 -1.23
シカゴコーン 17/05 356.75 -2.00
シカゴ大豆 17/05 991.00 -8.75
NYダウ 20656.58 -4.72
ドル/円 110.90 -0.21
ユーロ/ドル 1.0778 -0.0013
NY為替
23日のNY為替市場のドル円相場は、1ドル=110円90銭台後半で取引を終了した。トランプ政権が23日下院で採決されるはずの医療保険制度改革法案の採決が共和党内の保守派の賛成が得られず調整が難航していたことからドル円は売り圧力が強く一時110円60銭台まで売られたがNYダウが底堅い動きだったこと、米国債利回りが上昇したことでドルが買い戻されドル円で111円台まで戻したが結局法案の採決が明日に延期となったことで再び110円台に下落した。
NYダウ
23日のNY株式市場でNYダウは銀行株を買戻す動きで反発し一時98ドル高まで上昇したものの23日に予定されていたヘルスケア法案の議会採決が共和党保守派の賛同を得られず明日に延期されたことが嫌気され伸び悩み、往って来いとなり小幅ながら6日続落の前日比4ドル72セント安の20656ドル58セントで引けた。ハイテク銘柄中心のナスダック指数は反落し、5817.69(前日比-3.95)。
NY貴金属
金4月限は1247.2ドル(前日比-2.5)。白金4月限は963.8ドル(前日比+1.9)。金4月限は米議会でのヘルスケア法案の採決を控え様子見気分が強い中、米債券利回りの上昇で利益確定売りが優勢となり6日ぶりに小幅反落した。
NY原油
原油5月限は47.70ドル(前日比-0.34)。原油は引き続き米国原油在庫の増加が懸念材料とされ上値を抑えられ4日続落となった。週末にクェートで開催される石油輸出国機構(OPEC)の産油国会議が予定されサウジアラビアなど主要産油国の発言が注目されている。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は356.75セント(前日比-2.00)、大豆5月限は991.00セント(前日比-8.75)。コーンは、週間輸出成約高の増加、ドル安で反発したが大豆の下値追いやファンドの整理売りなどで頭を抑えられ続落した。大豆はブラジルの豊作観測やファンドの売りで大幅続落となり年初来安値を更新した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30 米新規失業保険申請件数25.8万件(予想24.0万件 前回24.3万件)
23:00 米2月新築住宅販売件数59.2万件(予想56.4万件 前回55.8万件)
※米ヘルスケア法案(オバマケア修正案)議会採決→明日へ延期

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。