夕刊:2017/10/26

好業績期待を背景とした押し目買いに下支えされ日経平均は底堅い動き

為替
NY時間で米株安や米長期債利回りの上昇が一服したことを受けやや円高ドル安となった流れを引継ぎ26日の東京為替市場のドル円相場は前日東京終値より20銭ほど円高ドル安の1ドル=113円60銭前後で取引を開始した。日中取引では時間外取引の米10年債利回りが低下したことや北朝鮮の高官が米メディアとのインタビューで北朝鮮が水爆実験を太平洋上で実施する可能性に言及したと伝わり北朝鮮情勢の緊迫化への警戒からリスク回避のドル売り円買いが進みドル円は113円30銭台へ軟化した。その後ドル円は値を戻し113円40~50銭前後での小動きで推移した。15時15分現在、1ドル=113円59銭。
株式(日経平均)
26日の東京株式市場では前日のNY株式相場が反落したことや円高が嫌気され利益確定売りが先行して始まり日経平均株価は前日比8円67銭安の21698円95銭と小幅続落して寄り付いた。寄り後は好業績期待の押し目買いなどが利益確定売りを吸収し直ぐに日経平均は上昇に転じた。その後も好決算を発表したファナックや東京エレクトロンなど値嵩株の一角が堅調な動きとなり相場を下支えした。前引けの日経平均株価は前日比35円36銭高の21742円98銭で取引を終了した。後場は前引けとほぼ同水準で寄り付いた後日経平均は動意が薄くなるも狭いレンジ内で底堅く推移した。大引けの日経平均株価は前日比32円16銭高の21739円78銭と小反発した。
貴金属
金先限帳入値は4660円(前日比+13円)。銀先限帳入値は61.7円(前日比-0.9円)。プラチナ先限帳入値は3379円(前日比+7円)。パラジウム先限帳入値は3423円(前日比+17円)東京金は反発した。NY高を受け買い優勢で始まり反発して寄り付いた後、ドル安でドル建て現物相場が堅調となったものの円高に上値が抑えられ東京金は寄り値近辺で小幅の値動きで推移した。プラチナは反発した。NY高を受け買い優勢で始まった。寄り後はドル建て現物相場の上値が重かったことや円高が重石となり高値圏でのもみ合いとなった。
石油
原油先限帳入値は39190円(前日比-80円)。ガソリン新甫帳入値は55190円(前日比-)。灯油新甫帳入値は53540円(前日比-)。東京原油は小反落した。寄り付きは小幅続伸して始まった。その後円高やNY原油夜間取引安で売り圧力が強まり下げに転じ弱もち合いとなった。
ゴム
ゴム新甫帳入値は202.3円(前日比-)。東京ゴム新甫限は199.8円での発会となった。上海夜間取引が小動きだったことで寄り後は商いが盛り上がりに欠け方向感に乏しい展開となった。その後日中取引の上海ゴムが寄り後強含み上げ幅を拡大したことから上値を試す動きとなった。
とうもろこし・大豆
コーン先限帳入値は22040円(前日比変わらず)。大豆先限帳入値は48010円(前日比-170円)。コーンは横ばい、大豆は反落。コーンはシカゴ安と円高を受け売り先行で始まった。寄り後はシカゴ夜間取引高で押し目を拾われ上昇に転じたものの円高で戻りを売られ上げ幅を縮小した。大豆は反落して寄り付いた後薄商いで売買が手控えられ動意薄となった。
今日のニュース
今晩の主な経済指標予定
21:30米新規失業保険申請件数(前週分)(予想23.5万件 前回22.2万件)
23:00米9月住宅販売保留件数(前月比)(予想+0.3% 前回-2.6%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。