夕刊:2017/11/27

上海株安やGLOBEX安が重石となり利益確定売りで日経平均は4日ぶりに反落

為替
前週末のNY為替市場でユーロが主要通貨に対し全面高となったことや米長期債利回りが上昇し円がドルに対し売られたことを受け円安ドル高が進んだ流れを引継ぎ27日の東京為替市場のドル円相場は前週末東京終値より20銭ほど円安ドル高水準の1ドル=111円60銭台半ばで取引を開始した。日中取引では手掛かり材料難で様子見姿勢が強まる中、日経平均が続伸して始まった後じり安となり下落に転じたことから円買いが進みドル円は111円30銭台へ軟化した。午後のドル円は上値が重い中111円30~40銭前後の狭いレンジでのもみ合いとなった。15時15分現在、1ドル=111円34銭。
株式(日経平均)
27日の東京株式市場では24日の米株高を受けリスク選好の動きが強まり主力株を中心に幅広い銘柄が買い優勢となり日経平均株価は前日比106円23銭高の22657円08銭と続伸して寄り付いた。寄り後買いが一巡した後はGLOBEXで米株価指数先物が下落したことや週明けの中国市場で上海総合指数が反落したことなどから東京エレクなどの半導体関連株の一角に国内の機関投資家から利益確定売りが出たことから日経平均はじり安基調を辿り反落に転じた。前引けの日経平均株価は前日比75円87銭安の22474円98銭で前場の取引を終了した。後場の日経平均は前引けとほぼ同水準で寄り付いた後機関投資家からの売りが継続し軟調となった。大引けの日経平均株価は前日比54円86銭安の22495円99銭と4日ぶりに反落した。
貴金属
金先限帳入値は4609円(前日比-7円)。銀先限帳入値は61.0円(前日比-0.3円)。プラチナ先限帳入値は3368円(前日比-4円)。パラジウム先限帳入値は3462円(前日比-52円)東京金は反落した。NY安を受け売り優勢で寄り付いた後ドル建て現物相場の下落で下げ幅をやや拡大しもみ合いとなった。プラチナはNY高が好感され買い先行で始まった。その後円安一服やドル建て現物相場の上げ一服で上値が抑えられ値を消す展開となり小幅安に転じた。
石油
原油先限帳入値は41980円(前日比+50円)。ガソリン新甫帳入値は58710円(前日比-円)。灯油新甫帳入値は56810円(前日比-円)。東京原油は小確り。前週末のNY原油が年初来高値を更新したことを背景に買い優勢で始まった後NY原油夜間取引が利食い売りに押され反落したことから東京原油は上げ幅を縮小し売り買い交錯となり前日終値近辺でのもみ合いとなった。ガソリン、灯油も小確り。
ゴム
ゴム新甫帳入値は196.0円(前日比-円)東京ゴムは弱含み。上海ゴム夜間取引の小幅安を受け前週末比まちまちで寄り付いた後日中取引の上海ゴムが小確りで小動きとなったことから東京ゴムは方向感が定め辛くなり動意に欠ける動きとなった。
とうもろこし・大豆
コーン先限帳入値は21220円(前日比-40円)。大豆先限帳入値は47510円(前日比-190円)。コーンと大豆は続落した。コーンはシカゴ安を円安で相殺され前週末日同値で寄り付いた後手掛かり材料に欠ける中、シカゴ夜間取引安が重石となり小幅安に転じた。大豆は閑散商いで方向感に乏しい中、小口売りに押され安もち合いとなった。
今日のニュース
今晩の主な経済指標予定
24:00米10月新築住宅販売件数(前月比)(予想-6.3% 前回+18.9%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。