朝刊:2017/01/13

2017/01/13 朝刊

NY為替
ドル円は、欧州時間に114円を割れて113円台に入ったが、前日のトランプ次期大統領の会見が期待を裏切る内容だったことでこの日も失望売りが先行した。しかし一時180ドル超の安値をつけたNYダウが下げ幅を縮小したことでドル売りが一服した。この日は連銀総裁の発言が相次いだが、利上げについては年3回が適切との内容が多かった。
NYダウ
NYダウは19891.00ドル(-63.28ドル)。前日のトランプ次期大統領の会見を受け、アジアや欧州の主要国の株式が軒並み下落したことで、この日のNYダウは利益確定売りが優勢となって一時は183ドル安まで値を下げた。しかしながら、会見で言及していない減税や経済政策への期待は根強く、後半にかけては下げ渋った。この日発表された輸入物価指数は市場予想を下回り、失業保険申請件数は市場予想ほど増加しなかった。ナスダック総合指数は5547.49(前日比-16.16)。
NY貴金属
金2月限は1199.8ドル(前日比+3.2ドル)。前日のトランプ次期大統領の会見の失望から株式が下落したことを受け、リスク回避から金に逃避買いが入った。原油高や米国債利回り低下も強材料で、高値は1207.2ドルをつけた。白金4月限は984.7ドル(前日比+8.3ドル)。NYダウの下落で売りが先行したが、原油高や金の上昇を受けて反発した。
NY原油
原油2月限は53.01ドル(前日比+0.76ドル)。クウェートの石油相が日量13万3000バレル引き下げ270万バレルの原油生産となっていることを明らかにし、サウジアラビアは日量1000万バレル以下で、2月には更なる減産計画があると述べたことで続伸した。ただし、一部産油国の減産遵守には懸念が残り、上げは一服した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は358.25セント(前日比+1.00セント)、大豆3月限は1040.25セント(前日比+28.75セント)。米農務省の需給報告で、コーンは生産高が予想をやや下回り、期末在庫も減少予想となり小幅反発した。大豆は、生産高が上方修正されるとの市場予想と逆に下方修正されたことで大幅上昇となった。コーン生産高151億4800万Bu(前月152億2600万Bu)、期末在庫23億5500万Bu(前月24億300万Bu)。大豆生産高43億700万Bu(前月43億6100万Bu)、期末在庫4億2000万Bu(前月4億8000万Bu)。
今日のニュース
主な経済指標結果
米輸入物価指数 0.4%(予想0.7%、前回-0.2%)
米輸出物価指数 0.3%(予想-、前回-0.1%)
米新規失業保険申請件数 24.7万件(予想25.5万件、前回23.7万件)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。