朝刊:2017/01/26

2017/01/26 朝刊

NY為替
ドル円は、113円前半で取引を終えた。NYダウが史上初めて2万ドルの大台に乗せたことが好感され、ドル買い優勢となり一時113円93銭をつけた。しかしながら、トランプ大統領が日本などとの貿易不均衡を批判する発言や、次期財務長官のドル高をけん制する発言もあることから、積極的なドル買いは続かず、113円半ばでもみ合った後に円高ドル安に向いた。
NYダウ
NYダウは20068.51ドル(前日比+155.80ドル)。先週から相次いでいる主要企業の決算発表が良好なことで買い優勢となり、NYダウは史上初の2万ドルを突破した。トランプ大統領就任まで、経済政策などの不透明さから新規を手控えられていたが、就任後から選挙戦で主張していた事案をスピーディーに実行に移している行動が投資家の心理を強気にさせた。この日は、好調な決算発表直後に売り叩かれた金融株の上げが目立った。ナスダック総合指数は5656.34(前日比+55.38)。
NY貴金属
金2月限は1197.8ドル(前日比-13.0ドル)。NYダウが史上初めて2万ドルを突破し、トランプ大統領の経済政策に期待が高まったことで、これまで安全資産として買われていた金から資金が流出する形となって大幅続落となった。白金4月限は981.7ドル(前日比-26.1ドル)。欧州株とNYダウの上昇で1000ドル台を維持していたが、これまで先導で上げていたパラジウムに買い過剰感から暴落したことが嫌気されて大幅反落となった。
NY原油
原油3月限は52.75ドル(前日比-0.43ドル)。産油国の協調減産遵守が相場の下支えとなる一方、米国の増産が上値を抑える展開が続いている中、米エネルギー情報局(EIA)発表の原油在庫が284万バレル増と予想以上に増加、ガソリン在庫は679万6000バレル増加となったことから反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は366.25セント(前日比+3.00セント)、大豆3月限は1055.25セント(前日比+0.75セント)。コーンは好調なエタノール生産に加え、大口の輸出成約の発表が好感されて反発した。大豆はブラジルの豊作予想や、トランプ大統領の中国に対する強硬な姿勢が、大豆輸出に影響するのではないかとの懸念から反となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。