朝刊:2017/02/01

2017/02/01 朝刊

NY為替
ドル円は、112円後半で引けた。トランプ大統領が、日本が行なってきた金融緩和政策を批判したことでドル売り・円買いが加速、一時102円08銭まで円高ドル安が進行した。今後の通商政策においてドル安へ誘導するとの見方が広がり、為替市場では比較的低リスク通貨とされる円が買われやすい環境となっている。
NYダウ
NYダウは19864.09ドル(前日比-107.04ドル)。米主要企業の決算発表で、一部企業の業績が市場の予想を下回ったことから失望売りが出た。また、トランプ大統領が保護主義的な政策を推し進めていることで、これまで期待されていた経済政策に不透明さが増していることも重荷となり、一時は180ドル超安となった。ナスダック総合指数は5614.79(前日比+1.07)。
NY貴金属
金4月限は1211.4ドル(前日比+15.4ドル)。トランプ大統領が行なった移民政策やメキシコ国境に壁を建設といった事案に対して国内外からの批判を生み、今後の政権運営が懸念されたことから、金が逃避買いされ大幅高となった。白金4月限は996.5ドル(前日比+3.0ドル)。金の上昇や原油高で一時1000ドルに乗せたが、この日発表された経済指標の内容が市場予想を下回ったことが弱材料となった。
NY原油
原油3月限は52.81ドル(前日比+0.18ドル)。産油国の協調減産と米国の増産観測以外に目新しい材料がなく、ドル安が進んだことから小幅反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は359.75セント(前日比+2.00セント)、大豆3月限は1024.50セント(前日比+1.75セント)。ドル安や原油高で買い優勢となったが、メキシコや中国との関係悪化が農産物貿易に悪影響を及ぼす懸念が弱材料で小幅高にとどまった。
今日のニュース
主な経済指標結果
欧州域内総生産【前期比】 0.5%(予想0.5%、前回0.4%)
欧州域内総生産【前年同期比】 1.8%(予想1.7%、前回1.8%)
ケース・シラー米住宅価格指数 192.14(前回191.79)
米シカゴ購買部協会景気指数 50.3(予想55.0、前回53.9)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。