朝刊:2017/02/02

2017/02/02 朝刊

NY為替
NYドル円は、113円前半で取引を終えた。ADP雇用統計やISM製造業景況指数などの経済指標が市場予想を大きく上回り、米景気の好調さを示したことから長期金利が上昇、ドル買い先行となって一時113円96銭をつけた。しかしながら、米連邦準備理事会(FRB)で金融政策の現状維持が発表され、声明でも利上げの時期について言及がなかったことからドル売りが優勢となって、ドルは112円83銭まで売られた。
NYダウ
NYダウは19890.94ドル(前日比26.85ドル)。この日好業績の決算を発表したアップルが牽引役となってダウは大きく上昇、一時100ドル超高となった。ADP雇用統計やISM製造業景況指数も市場予想を上回ったことも上昇を後押しした。FRB発表の金融政策は現状維持と市場の予想通りだったが、利上げの時期などに言及しなかったことから上値を抑えられた。ナスダック総合指数は5642.65(前日比+27.86)。
NY貴金属
金4月限は1208.3ドル(前日比-3.1ドル)。ドル高の進行や、この日発表されたADP雇用統計などの経済指標が軒並み市場予想を上回ったことから売り優勢となり、一時1200ドルを割った。しかし下げ止まると、原油高などを好感して持ち直した。白金4月限は999.8ドル(前日比+3.3ドル)。ISM製造業景況指数や民間雇用統計が好結果だったことから1000ドル台に乗せたが、維持はできずに引けた。
NY原油
原油3月限は53.88ドル(前日比+1.07ドル)。米エネルギー情報局(EIA)が発表した原油在庫が646万バレルの積み増しとなり、前日に発表されたAPI統計よりも更に積み増しとなったが、クッシング(オクラホマ州)原油在庫が4週連続減少となったことや、ロシアの1月原油生産が日量10万バレルの減産となったことで大幅高となった。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は368.25セント(前日比+8.50セント)、大豆3月限は1036.75セント(前日比+12.25セント)。コーンは、週間エタノール生産が前週より増加したことや小麦の急伸を好感して続伸した。大豆は、南米アルゼンチンでの豪雨予報や、仕向け地不明ながら大口輸出成約で大幅上昇となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
米MBA住宅ローン申請指数 -3.2%(前回4.0%)
米ADP雇用統計 24.6万人(予想16.8万人、前回15.1万人)
米建設支出 -0.2%(予想0.2%、前回0.9%)
米ISM製造業景況指数 56.0(予想55.0、前回54.5)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。