朝刊:2017/02/14

2017/02/14 朝刊

NY為替
NYドル円相場は薄商いながら堅調な地合いを維持し、113円70銭台で取引を終了した。東京市場の流れを受け、ドル高基調で推移。NY市場でも東京市場でつけた114円台に上昇する場面もあったが14、15日に予定されているイエレンFRB議長の議会証言を控え、商いが手控えられドルが伸び悩んだ。
NYダウ
NYダウは20412.16ドル(前日比+142.79ドル)。ナスダック総合指数は5763.96(前日比+29.83)。週明けのNY株式市場はトランプ大統領の大幅減税、財政出動などのリフレ政策への期待から大幅続伸した。NYダウ平均株価は3営業日連続で最高値を更新した。
NY貴金属
金4月限は1225.8ドル(前日比-10.1ドル)。白金4月限は1000.3ドル(前日比-11.4ドル)。金は続落した。日米首脳会談が波乱無く終えたことでひとまずリスク逃避の動きが弱まったこととドル高、原油安、アジア・欧州株式市場が堅調だったことから売り圧力が増し、大幅続落した。銀・プラチナも総じて安い。
NY原油
原油3月限は52.93ドル(前日比-0.93ドル)。原油は4営業日ぶりに反落した。米石油サービス会社が発表した石油掘削リグ稼働数が前週比8基増の591基と高水準となったこととドル高を嫌気した売りで下げた。OPEC主導の減産傾向も米国内での増産基調で帳消しとなったとの見方もある。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は375.50セント(前日比+1.0セント)、大豆3月限は1054.25セント(前日比-4.75)。コーンは、続伸した。ファンドの拡大による逆張り売りやドル高によって安く寄り付いたが仕向け地不明の大口制約や週間輸出検証高の増加、期末在庫の下方修正を材料に値を戻した。大豆は、原油安・ドル高を嫌気して大幅安。中国の買い付け期待、飼料穀物の年初来高値更新などで反発に転じる場面もあったがさらに原油安・ドル高が進んだことで取引終了間際に急反落した。 
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。