朝刊:2017/02/16

2017/02/16 朝刊

NY為替
NYドル円相場は、15日発表された1月小売売上高や1月消費者物価指数などは予想を上回る数字となり早期利上げ観測が強まりドル円は一時114円90銭台までドルが買われたがその後発表の1月鉱工業生産と2月NAHB住宅市場指数が予想を下回ったことからドルが押し戻され113円80銭台まで売られた。引けにかけてドルが買い戻され114円20銭台で引けた。節目と思われる115円近辺では戻り待ちの売り物も多く売り圧力が強いためもう一段上までドルが買われるには何かインパクトのある材料が必要との見方もある。
NYダウ
NYダウは20611.86ドル(前日比+107.45ドル)。ナスダック総合指数は5819.44(前日比+36.87)。NY株式市場は5営業日連続で新高値を更新した。15日に発表された1月小売売上高や消費者物価指数(CPI)いずれも予想を上回る数字となり依然米国経済が堅調との見方が広まり買い安心感から上昇した。S&P500種、ナスダック指数ともに7営業日連続で続伸し最高値を更新した。
NY貴金属
金4月限は1223.1ドル(前日比+7.7ドル)。白金4月限は1009.9ドル(前日比+7.7ドル)。昨日まで弱含みで推移していた金は15日発表された米鉱工業生産指数の低下や一時ドルが反落したことなどを材料に下げ一巡感から押し目買いが入り反発した。
NY原油
原油3月限は53.11ドル(前日比-0.09ドル)。NY原油は軒並み下落した。米石油協会(API)の統計で石油在庫が大幅に増加し過去最高水準に達したことでOPECなど主要産油国の減産効果への懐疑的な見方が広がり小反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は378.75セント(前日比+4.50セント)、大豆3月限は1061.25セント(前日比+16.25)。コーンは反発した。米国産に対する需要が好調なことと、投機的な買いにより相場を押し上げた。大豆は大幅反発した。アルゼンチン産地の大雨予報や米油糧種子加工業者協会(NOPA)が発表した1月の月間大豆圧砕高が事前予想を下回った事が好感され大幅高となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:30 米2月NY連銀製造業景況指数18.70(予想7.00 前回6.50)
22:30 米1月小売売上高(前月比)+0.4(予想+0.1 前回+1.0)
22:30 米1月消費者物価指数(前月比)+0.6(予想+0.3 前回+0.3)
23:15 米1月鉱工業生産指数(前月比)-0.3(予想0.0 前回+0.8)
23:15 米1月設備稼働率75.3(予想75.4 前回75.6)
24:00 米2月NAHB住宅市場指数65(予想67 前回67)
24:00 米12月企業在庫(前月比)+0.4(予想+0.4 前回+0.8)
(注)イエレンFRB議長議会証言(14-15日)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。