朝刊:2017/02/20

2017/02/20 朝刊

NY為替
NYドル円相場は、東京市場に比べ60銭程度ドル安円高の1ドル=112円後半で取引を終了した。フランス大統領選で反ユーロを掲げる極右政党の候補者有利の予想や相次ぐトランプ政権での重要ポスト人事が遅延していることで政策実行の遅れへの懸念などで安全資産としての円が対ドル・対ユーロなど世界の主要通貨に対し全面高となった。
NYダウ
NYダウは20624.05ドル(前日比+4.28ドル)。ナスダック総合指数は5838.58(前日比+23.68)。NY株式市場でNYダウは小幅ながら7営業日連続で史上最高値を更新して終えた。S&P500、ナスダック指数も最高値を更新した。目先原油価格が下落基調にあることでエネルギー関連株の下げが目立ったが足元の米国景気の底堅さを背景に消費財関連株などが買われ指数を下支えした。週明け20日は米国市場がプレジデントデーで休場となることから商いは低調だった。
NY貴金属
金4月限は1239.1ドル(前日比-2.5ドル)。白金4月限は1006.0ドル(前日比-9.7ドル)。金は欧米の政治リスクに対する懸念とドル高一服を背景に一時買われたものの3連休前という事で利益確定を急ぐ売りや手じまい売りなどで頭を抑えられ反落した。
NY原油
原油3月限は53.40ドル(前日比+0.04ドル)。NY原油は小幅ながら続伸した。米国内でのリグ(石油掘削装置)の稼動件数が前週比増加したものの主要産油国の協調減産が順守されていることを手掛かりに押し目買いが入り堅調に推移した。ただ週末からの3連休を控え積極的な商いは手控えられた。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は368.25セント(前日比-5.25セント)、大豆3月限は1032.50セント(前日比-11.25)。コーンは大幅続落した。ドル高・原油安や大豆などその他穀物市況悪化を受けて3連休を前に整理売りが先行した。大豆も大幅続落。シカゴコーンと同様にドル高・原油安・3連休前の手じまい売りなどで下げた。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。