朝刊:2017/02/23

2017/02/23 朝刊

NY為替
22日のNYドル円相場は、米1月中古住宅販売件数が10年ぶりの高水準となったことで米国景気の堅調さが示されたこと前回FOMCの議事録が公表された中で「経済が軌道通り進展すれば速やかな利上げを予想している」との記載で早期利上げ期待からドルが買われドル円で113円60銭台まで上昇したが同時に一段のドル高への下方リスクが言及されていたためドルが売り戻され一時113円台を割り込んだ。結局、ドル円は強弱感が対立し113円前半で取引を終えた。
NYダウ
NYダウは20775.60ドル(前日比+32.60ドル)。ナスダック総合指数は5860.63(前日比-5.32)。NY株式市場でNYダウは9営業日連続で史上最高値を更新して終えた。S&P500、ナスダック指数は反落した。朝方はNYダウ8連騰ということもあって過熱感から利益確定売りが先行し、反落して始まった。売り一巡後は好業績株や景気敏感株などに押し目買いが入り反発に転じた。米1月中古住宅販売件数が予想を大幅に上回ったことで住宅株が総じて高い。
NY貴金属
金4月限は1233.3ドル(前日比-5.6ドル)。白金4月限は1002.7ドル(前日比-3.3)。金は続落した。フランス大統領選の中道左派連合の選挙協力によるリスク後退を嫌気した売りとFOMC議事録発表前のポジジョン整理売りなどの売り圧力により弱含みで推移した。ただ、FOMC議事録発表後は電子取引で買いを集めている。
NY原油
原油3月限は53.59ドル(前日比-0.74ドル)。NY原油は4日ぶりに反落した。米原油在庫の増加見通しやOPECの減産継続に懐疑的な見方から上値が重くなり弱含みとなった。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は371.00セント(前日比+1.75セント)、大豆3月限は1022.75セント(前日比-3.50)。コーンは続伸した。ドル安と小麦の急反発で買われた。大豆は原油反落や50日移動平均を割れたことからテクニカルが悪化したこと、ブラジルの豊作観測、ブラジル産への輸入シフトなどを嫌気した売りで続落した。
今日のニュース
主な経済指標結果
24:00 米1月中古住宅販売件数569万件(予想555万件 前回549万件)
24:00 米1月中古住宅販売件数前月比+3.3%(予想+1.1% 前回-2.8%)     

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。