朝刊:2017/03/03

2017/03/03 朝刊

NY為替
NY為替市場のドル円相場は、1ドル=114円40銭台で取引を終了した。前日のブレイナードFRB理事の発言、これまでの複数の地区連銀総裁の発言などで3月利上げの可能性が高まったことを受け米国10年債利回りが上昇傾向にあることから今日もドル高円安の流れとなり114円50銭を超える水準までドル高が進んだ。ここからは上は通貨オプションがらみの売りオーダーも控えており上値抵抗が強いと予想される。明日はイエレンFRB議長、フィッシャー副議長の講演が予定されており、その内容次第では更にドル高円安の流れが進むと思われる。
NYダウ
2日のNY株式市場でNYダウは反落した。終値は前日比112ドル58セント安の21002ドル97セント。ナスダック総合指数は5861.22(前日比-42.81)。前日303ドル高と大幅高した後だけに目先筋の利益確定売りが膨らみNYダウは100ドルを超す下げ幅となった。NYダウ平均の下げ幅としては今年の1月30日以来ほぼ1ヶ月ぶりの大きさ。特にキャタピラーが米内国歳入庁(日本の国税庁にあたる)の調査が入ったとのことから約4%急落し、1銘柄だけでダウを28ドル押し下げた。
NY貴金属
金4月限は1232.9ドル(前日比-17.1)。白金4月限は989.9ドル(前日比-29.0)。金4月限は大幅続落した。2日パウエルFRB理事がインタビューで「3月に利上げする十分な根拠がそろった。」と発言したことで3月の利上げがより現実的となったことから、一旦金への資金流入が見送られるのではとの不安から利食いを急ぐ動きとなった。
NY原油
原油4月限は52.61ドル(前日比-1.22)。原油は3日続落。米エネルギー情報局(EIA)統計で石油在庫が1982年以降最高水準となったことが嫌気された。ロシアでの減産が進んでないことも圧迫要因となった。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は379.50セント(前日比-2.50)、大豆5月限は1037.25セント(前日比-14.50)。コーン5月限は再生燃料がらみの思惑で買われ2日続伸したあと材料出尽くしとなり、ドル高、原油安、他の飼料穀物の下げなどの悪材料に目が向けられ売り先行で反落した。大豆もコーンと同様にバイオ燃料がらみの買いが一巡したこと、週間輸出成約の減少が悪材料視されたことから大幅反落した。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:30 米失業保険申請件数22.3万件(予想24.5万件 前回24.2万件)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。