朝刊:2017/03/06

2017/03/06 朝刊

NY為替
NY為替市場のドル円相場は、1ドル=114円02銭で取引を終了した。3日のNY市場でのドル円相場は米2月ISM非製造業景況指数が予想を上回り2年ぶりの高水準に達したこと、イエレンFRB議長が講演の中で3月利上げを示唆する発言をしたことなどでドル買いの勢いが強まり一時114円70銭台まで上昇したが一旦材料出尽くしとなりドルが売られ114円を割り込んだ。その後114円飛び台での小動きで推移、取引を終えた。
NYダウ
3日のNY株式市場でNYダウは小幅反発した。終値は前日比2ドル74セント高の21005ドル71セント。ナスダック総合指数は5870.75(前日比+9.53)。イエレンFRB議長が3日の講演で「3月のFOMCにおいて利上げを検討する。」との発言があり、米10年債利回りが上昇した。それを受けて株式市場では金利上昇により利ざやを稼げるメリットを享受することが出来る金融株が買われ指数を押し上げた。ただ、最近の株価上昇で高値警戒感が台頭し利益確定売りが出やすい環境にあり、上値が抑えられ小幅高にとどまった。
NY貴金属
金4月限は1226.5ドル(前日比-6.4)。白金4月限は994.1ドル(前日比+4.2)。金4月限は4日続落した。イエレンFRB議長の講演での発言を受けて3月利上げの可能性が現実味を帯びてきたことで金利上昇が金には逆風と捉えられ、資金流出に伴う売りが続いている。
NY原油
原油4月限は53.33ドル(前日比+0.72)。原油は為替市場でのドル高傾向が一服となったことで値ごろ感からの買いが入り、4日ぶりの反発となった。ただ、米国国内の掘削設備(リグ)が7週連続の増加、ロシアの減産が鈍化していることなど不安材料もあり上値は重たい。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は380.75セント(前日比+1.25)、大豆5月限は1037.50セント(前日比+0.25)。コーン5月限は材料難の中、テクニカル要因の買い物で反発した。大豆もコーンと同様にテクニカルの買いで小反発。ただ、豊作が見込まれる南米産地からの輸出の増加懸念で上値を抑えられ、戻りも限定的となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
24:00米2月ISM非製造業景況指数57.6(予想56.5 前回56.5)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。