朝刊:2017/03/21

2017/03/21 朝刊

NY為替
20日のNY為替市場のドル円相場は、1ドル=113円53銭近辺で取引を終了した。ミシガン大学発表の3月の期待インフレ率が過去最低水準だったこと、米長期金利の低下などが悪材料視されドル円は112円半ばまで売られた。
NYダウ
20日のNY株式市場でNYダウは小幅ながら続落した。終値は前日比8ドル76セント安の20905ドル86セント。ナスダック総合指数は5901.53(前日比+0.53)。米連邦捜査局(FBI)コミー長官が下院公聴会で米大統領選挙期間中のトランプ陣営とロシアの関係を調査中との発言でトランプ政権の経済政策実施の遅れが懸念されたことから買い手控えられ、長期金利の低下で金融株が売られた。半面、アップル株の上昇に牽引されナスダック指数は4日続伸した。
NY貴金属
金4月限は1234.0ドル(前日比+3.8)。白金4月限は972.4ドル(前日比+9.4)。金4月限は続伸した。G20財務相・中央銀行総裁会議で米政権の保護主義的な政策への批判が封印されたこと、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が下院公聴会でトランプ陣営の米大統領選挙でのロシアとの関係を調査中との発言などを受けトランプ政権への不透明感が増大し安全資産としての金への投資意欲が高まった。プラチナ4月限も金の上昇に後押しされ続伸した。
NY原油
原油4月限は48.22ドル(前日比-0.56)。米石油リグ稼動数が増加傾向によるシェールオイル生産拡大で供給過剰懸念や投機筋の強気スタンス後退観測が売り圧迫要因となり反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は363.50セント(前日比-4.00)、大豆5月限は999.50セント(前日比-0.50)。コーンは反落、大豆は小幅続落した。コーン・大豆共に原油の急落や他の穀物相場の下落を受けて軟調となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30 米10-12月期経常収支

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。