朝刊:2017/04/04

2017/04/04 朝刊

NY為替
3日NY為替市場のドル円相場は、ドル円は1ドル=110円80銭台で取引を終了した。同日発表の経済指標で米2月の建設支出が予想を下回り、3月ISM製造業景況指数が前月より低下したことから米債が売られ債券利回りの低下でドル売りが加速、ドル円相場は1ドル=111円台半ばから110円80銭台へ急落した。また、ロシアの地下鉄で起きた爆弾テロやトランプ大統領が対北朝鮮問題で単独解決も辞さない方針を明らかにしたことでリスク回避の円買いを誘った模様。
NYダウ
3日のNY株式市場は朝方のロシアでの地下鉄爆破テロへの警戒で買い手控えられた中、債券利回りの低下から金融株が軟調となったのに加え、同日自動車各社から発表された3月の自動車新車販売台数が予想を下回り自動車株が冴えない展開となりNYダウは一時145ドル安まで下げ幅を拡大した。半面1-3月期の決算発表を前に好決算を期待する向きも多く、ディフェンシブ銘柄や資源株に押し目買いが入り引けにかけて次第に下げ幅を縮小させNYダウ平均株価は前日比13ドル01セント安の20650ドル21セントと小幅して続落して引けた。ハイテク株中心のナスダック指数は反落し、5894.68(前日比-17.05)。
NY貴金属
金6月限は1254.0ドル(前日比+2.8)。白金7月限は958.2ドル(前日比+5.8)。金6月限は米債券利回りの低下でドル安となったことやロシアの地下鉄爆破テロやフランス大統領選への警戒で金への逃避買いを誘い続伸した。プラチナもドル安や金の続伸に後押しされ反発した。
NY原油
原油5月限は50.24ドル(前日比-0.36)。原油はリビアのシャララ油田の生産再開を受けて需給の緩みが警戒され、利益確定売りに押され反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は367.75セント(前日比+3.50)、大豆5月限は938.25セント(前日比-7.75)。コーンは、先週末の米農務省から発表された作付け意向面積の減少が引き続き好材料視されたのと小麦の上値追いも支援材料となり続伸した。大豆は原油反落や先週末発表の四半期在庫と作付面積の増加予想が蒸し返され続落した。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00米3月ISM製造業景況指数57.2(予想57.2 前回57.7)
23:00米2月建設支出(前月比)+0.8%(予想+1.0% 前回-1.0%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。