朝刊:2017/04/14

2017/04/14 朝刊

NY為替
13日のNY為替市場のドル円相場は、15日の金日成生誕105周年を控え、北朝鮮の動向が懸念され依然地政学リスクが燻る中、ドルの上値は重かったが今日発表の米経済指標が事前予想より良かったこと、米大手銀行決算も好調だったことからドル安の流れが一服し、ドル円は1ドル=109円台前半で取引を終了した。
NYダウ
13日のNY株式市場は明日からの3連休を控え、朝鮮半島情勢への警戒で上値が重い中、JPモルガンやシティグループ米大手銀行2社の決算発表が比較的良かったことで金融株に買戻しが入り、NYダウは一時20ドル高となったが午後になって米軍がアフガニスタンでイスラム過激派への空爆を行なったとの情報が流れ一転、地政学リスクの高まりが懸念されリスク回避の売りで下落に転じた。NYダウは前日比138ドル61セント安の20453ドル25セントと大幅続落した。ハイテク株中心のナスダック指数も続落し、5805.15(前日比-31.01)。
NY貴金属
金6月限は1288.5ドル(前日比+10.4)。白金7月限は977.4ドル(前日比+9.5)。金6月限は、12日のトランプ発言でのドル安、債券高が下支えとなって、安全資産である金への注目度が上がる中、米軍のアフガニスタンイスラム過激派への空爆で地政学リスクの広がりが懸念され買いが優勢となり3日続伸した。プラチナも金の上昇に後押しされ反発した。
NY原油
原油5月限は53.18ドル(前日比+0.07)。原油は明日からの3連休を控えポジション調整が先行する中、シリア、リビアなどの政情不安など地政学リスクで原油の供給に支障が出るとの懸念もあり売り方の買い戻しで売り買いが交錯し引けにかけて値を戻した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は371.00セント(前日比+2.00)、大豆5月限は955.50セント(前日比+7.75)。トランプ発言によるドル安、原油高に後押しされ、3連休前の売り方の買い戻しでコーン・大豆ともに続伸した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米3月卸売物価指数(前月比)-0.1%(予想0.0% 前回+0.3%)
21:30米新規失業保険申請件数23.4万件(予想24.5万件 前回23.5万件)
23:00米4月ミシガン大消費者態度指数98.0(予想96.5 前回96.9)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。