朝刊:2017/04/18

2017/04/18 朝刊

NY為替
17日のNY為替市場のドル円相場は、17日に発表された経済指標が予想を下回ったことからドルの上値が重たい動きが継続108円台前半で推移していたがムニューシン米財務長官が英紙とのインタビューで「強いドルは長期的には良いことだ」と発言したことが伝わった直後からドル買い円売りの流れが強まりドル円相場は上昇、1ドル=109円01銭と109円台を回復して取引を終了した。
NYダウ
17日のNY株式市場はトランプ政権が対北朝鮮への軍事行動を決断する前に当面中国の対応を見守る姿勢を示し、朝鮮半島情勢の緊迫化が一旦和らいだことから先週地政学リスクで売られた銘柄を中心に買い戻しの動きが広がった。又、先週好決算を発表した金融株にも買いが入り指数を押し上げた。NYダウは前日比183ドル67セント高の20636ドル92セントと4日ぶりに大幅反発した。ハイテク株中心のナスダック指数も反発し、5856.79(前日比+51.64)。
NY貴金属
金6月限は1291.9ドル(前日比+3.4)。白金7月限は991.1ドル(前日比+13.7)。金6月限は依然としてトランプ政権の対北朝鮮への軍事行動の懸念が高まる中、安全資産としての金への買い需要は衰えておらず為替市場のドル安基調にも支援され、小幅ながら4日続伸となった。プラチナも金の上昇や株式市場の反発に後押しされ続伸した。
NY原油
原油5月限は52.65ドル(前日比-0.53)。原油は米エネルギー情報局(EIA)から公表された米国の5月の原油生産が4月より増加するとの見通しや石油掘削装置(リグ)が13週連続で増加したことで需給の緩みが懸念され、利益確定売りを誘い小幅反落となった。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は366.50セント(前日比-4.50)、大豆5月限は953.25セント(前日比-2.25)。コーンは先週、米中西部の降雨予想で作付けの遅れを見越した買いで上昇したが降雨が予想したほどではないとの見方が広がり失望売りで3日ぶりの反落となった。大豆は本日発表された週間輸出検証高が低調だったこと、他の穀物相場が軟調だったことが重石となり3日ぶりに反落した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米4月ニューヨーク連銀製造業景気指数5.2(予想15.0 前回16.4)
23:00米4月NAHB住宅市場指数68(予想70 前回71)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。