朝刊:2017/04/24

2017/04/24 朝刊

NY為替
21日のNY為替市場のドル円相場は、23日のフランス大統領選の第一回投票を控え様子見気分が強い中、20日のムニューシン米財務長官発言でリスク回避の円買いが一服しドル高円安へ向かった流れが止まり、NY株安とドルの持ち高調整の動きで3日ぶりに円が反発、ややドル安円高が進み、1ドル=109円10銭近辺で取引を終了した。
NYダウ
21日のNY株式市場は23日のフランス大統領選第一回目の投票を控え、4名の候補が混戦となる中、5月7日の第2回目の決選投票に残る2候補を見極めたいとの思惑で様子見ムードとなり、ポジション調整の売りが優勢で小幅反落した。原油安でエネルギー関連株が売られ相場を押し下げた。ただ、20日のムニューシン発言を受けトランプ政権が掲げる政策への期待の再燃で下値も堅く、終値は前日比30ドル95セント安の20547ドル76セントの小幅安となった。ハイテク株中心のナスダック指数も反落し5910.52(前日比-6.25)。
NY貴金属
金6月限は1289.1ドル(前日比+5.3)。白金7月限は977.6ドル(前日比-3.6)。金は、23日のフランス大統領選を控え欧州政治への不透明感でリスク回避のための逃避買いの動きが強く買いが優勢となり続伸して終えた。
NY原油
原油6月限は49.62ドル(前日比-1.09)。NY原油は週間の米原油輸入量が今年最高に膨らんだことや米原油サービス会社が公表した米国内の石油掘削装置(リグ)の稼動数が14週連続で増加したことで米国内の供給過剰懸念の高まりで売り優勢となり大幅続落となった。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は357.00セント(前日比-0.75)、大豆5月限は951.00セント(前日比+4.25)。コーンは作付け進展観測が重石となり弱含みとなったが大豆の上昇で下げ幅が縮小した。大豆は大豆油の反発や大口成約などが下支えとなり週末のポジション調整の買戻しで反発した。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00米3月中古住宅販売件数(前月比)+4.4%(予想+2.2% 前回-3.9%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。