朝刊:2017/04/25

2017/04/25 朝刊

NY為替
24日のNY為替市場のドル円相場は、23日のフランス大統領選挙が無難な結果で終わり欧州政治リスクへの不安が後退したことから安心感の広がりで米債利回りが上昇、ドルが買われドル円は一時110円台半ばまで回復した。その後、米債利回りが上げ幅を縮小したことやトランプ政権が26日に発表するとされる税制改革案について米行政管理予算局(OMB )のマルバニー局長が「完全な形の提案は恐らく6月以降になる」と発言したことから今回は具体的内容にかけるのではとの見方が広がり、ドルの上値が抑えられ1ドル=109円70銭台で取引を終了した。
NYダウ
24日のNY株式市場は23日のフランス大統領選の結果を好感し、リスク選好の高まりでこのところ売り込まれていた銀行株が割安感から買われ、NYダウの上昇を牽引した。終値は前日比216ドル13セント高の20763ドル89セントの大幅反発となった。ハイテク株中心のナスダック指数はフェイスブックやアップルなど好業績の大型IT関連株中心に指数を押し上げ、5983.82(前日比+73.30)と大幅反発となった。
NY貴金属
金6月限は1277.5ドル(前日比-11.6)。白金7月限は960.0ドル(前日比-17.4)。金は、23日のフランス大統領選の結果を受け、欧州政治リスクの逃避目的で買われていた買いポジションの解消売りや利益確定売りなどで続落した。プラチナは金の反落、原油安、ドル高を嫌気、大幅続落した。
NY原油
原油6月限は49.23ドル(前日比-0.39)。NY原油は先週発表された石油関連指標が米国内での供給過剰懸念を表す内容だったことが嫌気され続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は359.25セント(前日比+2.25)、大豆5月限は961.25セント(前日比+10.25)。コーンは米中西部の降雨予報で作付けが遅れるとの見方が広がり買いが先行し反発した。大豆は週間輸出検証高が予想を上回ったことや米中西部の降雨予報などが支援材料となり続伸した。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。