朝刊:2017/04/26

2017/04/26 朝刊

NY為替
25日のNY為替市場のドル円相場は、フランス大統領選や北朝鮮への軍事介入への警戒が一時的に和らいだことから円への逃避買いの動きが後退し、ドルの買い戻しが急速に進んだことでドル円は大幅に上昇、前日終値に比べ1円以上ドル高円安の1ドル=111円10銭台で取引を終了した。
NYダウ
25日のNY株式市場はフランス大統領選や朝鮮半島情勢の緊迫化への懸念がひとまず一服となったことを受け市場の関心が好調な企業決算に目が向けられ、ダウ採用銘柄のキャタピラー、マクドナルドなど好決算銘柄への物色意欲が高まり、NYダウを押し上げた。26日に発表されるトランプ政権の税制改革案への期待も好材料視され、NYダウは前日比232ドル23セント高と大幅続伸となった。ハイテク株中心のナスダック指数も大幅続伸、6025.49(前日比+41.67)と史上初の6000ポイント越えとなった。
NY貴金属
金6月限は1267.2ドル(前日比-10.3)。白金7月限は957.6ドル(前日比-2.6)。金は、ドル高、長期金利の上昇、NY株式の急騰などが嫌気され金への逃避買いの流れが後退し、持ち高解消の動きの強まりで、続落した。プラチナは原油の反発、株高にもかかわらず金の下落に追従した格好となり、4日続落となった。
NY原油
原油6月限は49.56ドル(前日比+0.33)。NY原油は米国内の供給過剰懸念が燻る中、昨日まで6日続落した後ということから下げ過ぎとの見方が広がり、売り方の買戻しや修正高期待の押し目買いによって小幅反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン5月限は365.00セント(前日比+5.75)、大豆5月限は954.50セント(前日比-6.75)。コーンは米中西部産地が今後2週間程度雨勝ちの天候になるとの予報で作付け遅延懸念から買いが優勢となり大幅続伸した。大豆はコーンの作付け遅延の影響で大豆への作付け増加につながるとの見方が売り圧迫要因とされ反落した。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:00米2月ケース・シラー住宅価格指数(前年同月比)+5.9%(予想+5.8% 前回+5.7%)
23:00米4月リッチモンド連銀製造業指数20(予想16 前回22)
23:00米3月新築住宅販売件数(前月比)+5.8%(予想-1.4% 前回+0.3%)
23:00米4月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)120.3(予想122.5 前回124.9)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。