朝刊:2017/05/08

原油、銅など商品相場の反発でNYダウは2ヶ月ぶりに21000ドル回復、ナスダック指数も史上最高値更新

NY為替
5日のNY為替市場のドル円相場は、この日発表された4月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が予想を大幅に上回り、失業率も4.4%と約10年ぶりの低水準となったことから労働市場の逼迫感が強まったことを受けてドルが買われ、ドル円は1ドル=112円70銭台まで上昇して取引を終了した。ただ7日のフランス大統領選の決選投票を控え警戒感から円は下げ渋り、ドル円の上値は限定的となった。
NYダウ
5日のNY株式市場は朝方IBMの大株主のウォーレンバフェツト氏が同氏保有株式の1/3を売却したと伝わったことからIBM株が大幅下落しNYダウは一時マイナスとなったものの原油や銅などの商品相場の反発でP&G、デュポン、ベライゾンなど石油、素材関連が買われダウを押し上げた。NYダウは前日比55ドル47セント高の21006ドル94セントと3/1以来約2ヶ月ぶりに21000ドル台を回復した。ハイテク株中心のナスダック指数はアップルの上昇が寄与し、6100.76(前日比+25.42)と史上最高値を更新して引けた。
NY貴金属
金6月限は1226.9ドル(前日比-1.7)。白金7月限は910.2ドル(前日比+2.5)。金は、4月の雇用統計が予想より強めの数字だったことから6月利上げ観測が強まり金利上昇懸念から、利息のつかない金への投資妙味が薄れ売り優勢となった。
NY原油
原油6月限は46.22ドル(前日比+0.70)。NY原油はこのところ下落基調が続いたことで売られすぎとの見方が広がり値ごろ感からの自律反発狙いの買いで反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン7月限は370.75セント(前日比+4.25)、大豆7月限は973.00セント(前日比-1.25)。コーンは昨日の急落の反動で値ごろ感からの買戻しが入り、小麦の急反発に連れ高となり、反発した。大豆は、買戻しで一時プラス圏へ浮上したが週末の利益確定売りや手じまい売りに押され下落に転じた。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30 4月雇用統計4.4%(予想4.6% 前回4.5%)
21:30 4月非農業部門雇用者数(前月比)21.1万人(予想19.0万人 前回7.9万人)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。