朝刊:2017/06/05

雇用統計は弱めの数字となったものの、株式への資金流入期待でNYダウ・ナスダック指数は連日の史上最高値更新

NY為替
2日のNY為替市場のドル円相場はこの日発表された失業率が前月より改善したものの非農業者部門雇用者数が予想を下回る数字となったことから早期追加利上げ期待の後退から債券利回りが低下しドルが失望売りで急落、前日終値より1円近くドル安円高の1ドル=110円40銭近辺で取引を終了した。
NYダウ
2日のNY株式市場は、この日発表された雇用統計が予想を下回る内容となったことから、債券利回りが低下しドル安が進み銀行株が軟調となったほか原油安でエネルギー関連株が弱含んだ一方、資金流入期待からIT関連株や他の好業績株が堅調な動きとなりNYダウ平均株価は前日比62ドル11セント高の21206ドル29セントと2日連続で最高値を更新した。ハイテク株中心のナスダック指数も連日の史上最高値更新となり、6305.80(前日比+58.97)と大幅続伸。
NY貴金属
金8月限は1280.2ドル(前日比+10.1)。白金7月限は953.4ドル(前日比+24.4)。雇用統計が弱めの数字となり追加利上げのペースが緩やかになるとの見方からドルが急落しドル安となったことから買いを集め、反発した。プラチナは雇用統計が予想を下回りドル安が進んだことや金の反発に後押しされ買い戻しで急反発した。
NY原油
原油7月限は47.66ドル(前日比-0.70)NY原油は反落した。引き続き米シェールオイルやリビアの生産増で世界市場での供給過剰か続くとの見方が根強く投機的な売りで下げ幅を拡大した。
シカゴコーン・大豆
コーン7月限は372.75セント(前日比+2.25)、大豆7月限は921.25セント(前日比+9.00)コーンは米中西部産地の一部で高温乾燥となるとのことから作況への影響が懸念され、ドル安進行で買い先行となり反発した。大豆は週間輸出成約高が予想を上回り、個別ではスペイン向けの輸出成約の報告が買い手掛かりとなってドル安に支援され反発した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米4月貿易収支-476億ドル(予想-461億ドル 前回-437億ドル)
21:30米5月非農業者部門雇用者数(前月比)+13.8万人(予想+18.0万人 前回+17.4万人)
21:30米5月失業率4.3%(予想4.4% 前回4.4%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。