朝刊:2017/06/14

IT・ハイテク株の下げ一服でNYダウ、ナスダック指数共に反発。NYダウは史上最高値更新

NY為替
明日のFOMCの声明発表を控え様子見気分が強まり13日のNY為替市場のドル円相場は前日比ほぼ横ばいの1ドル=110円近辺で取引を終了した。この日発表された5月の卸売物価指数は前月比横ばいと予想通りの結果となったことからほとんど影響は無く明日のFOMC終了後の声明文やイエレンFRB議長の記者会見に注目が集まり、内容を見極めたいとのことから商いが手控えられ終日小幅な値動きで推移した。
NYダウ
13日のNY株式市場では先週急落したアップル、マイクロソフトなどのIT関連株が下げ止まり反発に転じたことやトランプ政権が進める金融機関に対する規制緩和期待でJPモルガンチェースやゴールドマンサックスなど金融株が買われ、NYダウ平均株価は前日比92ドル80セント高の21328ドル47セントと反発し、最高値を更新した。ハイテク株中心のナスダック指数も反発し、6220.37(前日比+44.91)。
NY貴金属
金8月限は1268.6ドル(前日比-0.3)。白金7月限は924.2ドル(前日比-20.3)。金は朝方売り先行で始まったが先週からの続落で下値警戒感もある中、米長期金利の低下や原油高から買い戻しの動きが強まり下げ幅が縮小し前日比ほぼ横ばいで引けた。プラチナは米利上げ観測や金の下落に加えパラジウムなど他の非鉄金属の下げが売り圧迫要因となり大幅反落した。
NY原油
原油7月限は46.46ドル(前日比+0.38)NY原油は3日続伸した。14日に米エネルギー情報局(EIA)が発表する週間在庫統計で原油在庫が前週より減少するとの予測やサウジアラビアが7月に中国を含む一部アジア向けと米国への輸出を減らすと伝わったことで需給改善期待から買いを誘った。
シカゴコーン・大豆
コーン7月限は381.00セント(前日比+3.75)、大豆7月限は932.50セント(前日比+1.25)コーンは小麦が作柄悪化懸念で大幅上昇した流れを受け連れ高となり反発した。大豆は小麦とコーンの上昇に後押しされ昨日の下げの反動から押し目買いの動きが強まり反発した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米5月卸売物価指数(PPI)0.0%(前月比)(予想0.0% 前回+0.5%)
※米連邦公開市場委員会(FOMC)6/13~6/14

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。