朝刊:2017/06/28

イエレン発言や長期金利上昇でハイテク株売られ、NYダウ、ナスダック指数共に大幅安。

NY為替
欧州時間でECBのドラギ総裁が講演でユーロ圏の景気回復の強まりやデフレ懸念の後退に言及したことからECBが出口戦略に着手する時期はそう遠くは無いとの観測から、円に対しユーロが買われユーロ高円安が進んだことや、この日発表された経済指標が予想を上回り米長期債利回りが上昇したことを受け円売りドル買いの流れが強まり、27日のNY為替市場のドル円相場は、前日比40銭近くドル高円安の1ドル=112円20銭台後半で取引を終了した。
NYダウ
27日のNY株式市場ではIT大手のグーグルが欧州で過去最高の制裁金を課せられたことが嫌気されハイテク株全般に売り圧力が強まったことや米共和党上院がオバマケア代替法案の採決を延期したことなどを受け、売りが優勢となった。又、イエレンFRB議長が講演で資産価格の上昇リスクをにおわす発言をしたことも高値圏で推移する米株式市場の下値リスクへの警戒感を煽った。NYダウ平均株価は前日比98ドル89セント安の21310ドル66セントと反落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も大幅続落となり、6146.62(前日比-100.53)。
NY貴金属
金8月限は1246.9ドル(前日比+0.5)。白金7月限は918.7ドル(前日比+2.1)。NY金は米債利回りの上昇で上値が抑えられたものの欧米株安とユーロ高に支援されオバマケア代替法案の採決先送りでトランプ政権の不透明感の高まりから安全資産としての見直し買いで小幅反発した。プラチナはユーロ高と金の反発で買戻しを誘い反発した。
NY原油
原油8月限は44.24ドル(前日比+0.86)NY原油は4日続伸した。ロシア国営石油や海運大手などがサイバー攻撃の被害にあったとの報道で石油供給に支障が出るのではとの憶測で買いを集め、28日のEIAの週間石油在庫統計を控え持ち高調整の買い戻しなどで堅調に推移した。
シカゴコーン・大豆
コーン7月限は359.00セント(前日比+1.25)、大豆7月限は906.75セント(前日比+2.25)コーンは、小幅続伸した。この日発表された作柄報告で良・優の割合が前週を下回ったことが買い材料視された。大豆は作柄悪化や他の穀物相場の上昇に支援され続伸した。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:00米4月ケースシラー住宅価格指数(前月比)+5.7%(予想+5.9% 前回+5.9%)
23:00米6月消費者信頼感指数(CB)118.9(予想116.0 前回 117.6)
23:00米6月リッチモンド連銀製造業指数7(予想6 前回1)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。