朝刊:2017/06/30

欧米の金融引き締め観測でハイテク株が急落、NYダウ、ナスダック指数は大幅安。

NY為替
29日のNY為替市場のドル円相場は、この日発表された1-3月期の米GDP確定値が市場予想を上回ったことを受けドルが買われ一時112円台後半までドル円は上昇したものの米株式市場がハイテク株の下げで大幅安となったことで円を買い戻す動きとなりドル円は111円80銭台まで急落した。その後、株式市場が下げ止まったことからドル円はやや値を戻し前日比15銭円高ドル安の1ドル=112円10銭台で取引を終了した。
NYダウ
29日のNY株式市場では欧米金融引き締め観測から長期債利回りの上昇を受けハイテク株が利益確定売りで大幅安となった一方でストレステストの結果が良かった大手金融機関から増配や自社株買いなど株主還元策が発表され、JPモルガンやゴールドマンなどが大幅上昇した。ただ、時価総額で上回るハイテク関連株の下げのインパクトが大きい為NYダウ平均株価は前日比167ドル58セント安の21287ドル03セントと大幅反落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も大幅反落し、6144.35(前日比-90.06)。
NY貴金属
金8月限は1245.8ドル(前日比-3.3)。白金7月限は919.0ドル(前日比-2.7)。NY金は小幅反落した。ドル安、原油高で下支えされたものの1-3月期GDP確定値の上方修正を受け米債利回りが上昇したことから利益確定目的の売り圧力が強まった。
NY原油
原油8月限は44.93ドル(前日比+0.19)NY原油は6日続伸した。EIAが28日発表した週報で米原油生産量が減少したことを手掛かりに買われた流れが今日も継続し買い戻しの動きが引き続き相場の下支えとなった。又、7/4の独立記念日を前にポジションを整理する動きも見られた。
シカゴコーン・大豆
コーン7月限は359.75セント(前日比+3.00)、大豆7月限は915.50セント(前日比+1.50)コーンは、ドル安・原油高と小麦の上伸が下支えとなり、来週アイオワ、イリノイ州などの産地での熱波予報を手掛かりに買われ、反発した。大豆もコーンと同様に小麦の続伸やドル安、原油高に支援され小幅続伸した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米1-3月期GDP確定値(前期比年率)+1.4%(予想+1.2% 前回+1.2%)
21:30米新規失業保険申請件数(前週比)24.4万件(予想24.0万件 前回24.2万件)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。