朝刊:2017/07/03

良好な経済指標や原油高を受け、NYダウは反発した一方でナスダック指数は小幅続落。

NY為替
30日のNY為替市場のドル円相場は、原油高やこの日発表されたシカゴ購買部協会景気指数など米経済指標が市場予想を上回ったことを受け長期金利が上昇し日米金利差の拡大でドルが買われドル円相場は上昇した。また、米株式市場でNYダウが反発したこともドルを下支えした。ドル円は前日比40銭ドル高円安の1ドル=112円40銭台半ばで取引を終了した。
NYダウ
この日発表された経済指標が予想を大幅に上回る数字となったことや原油高でエネルギー関連、機械関連株などが買われた他、好決算を発表したナイキが大幅上昇しNYダウを押し上げた。30日のNY株式市場ではNYダウ平均株価は前日比62ドル60セント高の21349ドル63セントと反発した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数は小幅続落し、6140.42(前日比-3.93)。
NY貴金属
金8月限は1242.3ドル(前日比-3.5)。白金10月限は926.4ドル(前日比+3.3)。NY金は小幅続落した。良好な経済指標や原油高で長期金利が上昇したことが嫌気された他、ドル高、NYダウの反発でリスク選好の動きが強まり金の売りを誘った。プラチナはドル高や金の下落で上値が抑えられたものの原油高、NYダウの上昇に後押しされ小幅反発した。
NY原油
原油8月限は46.04ドル(前日比+1.11)NY原油は7日続伸した。石油サービス会社ベーカー・ヒューズが30日発表した米国内の石油掘削設備(リグ)の稼動数が24週ぶりに減少したことで原油増産の鈍化による需給改善期待で買われ大幅上昇となった。
シカゴコーン・大豆
コーン9月限は381.00セント(前日比+11.50)、大豆8月限は947.00セント(前日比+26.25)大豆、コーンは、この日USDAが発表した四半期在庫、作付面積ともに予想を下回ったことや産地の乾燥予報での作柄悪化懸念で買いを集め大幅続伸した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米5月個人消費支出(前月比)+0.1%(予想+0.1% 前回+0.4%)
21:30米5月個人所得(前月比)+0.4%(予想+0.3% 前回+0.3%)
22:45米6月シカゴ購買部協会景気指数65.7(予想58.0 前回59.4)
23:00米6月ミシガン大学消費者態度指数・確報値95.1(予想94.5 前回94.5)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。