朝刊:2017/07/10

予想を上回る非農業部門雇用者数を受け、NYダウ、ナスダック指数は反発。

NY為替
この日発表された6月の雇用統計で非農業部門の雇用者数が22.2万人(予想17.8万人)と予想を大幅に上回り強い内容となったことからドル買いが優勢となり一時ドル円は5/11以来約2ヶ月ぶりに114円台を付けた。7日のNY為替市場のドル円相場は、前日比70銭円安ドル高の1ドル=113円90銭近辺で取引を終了した。
NYダウ
7日のNY株式市場では6月の雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大幅に上回る増加となり良好な労働市場を表す数字となったことが好感され、前日下げたハイテク株が買われたほか米債利回りの上昇で銀行株が買われNYダウの上昇をサポートした。NYダウ平均株価は前日比94ドル30セント高の21414ドル34セントと3日ぶりに反発した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も反発し、6153.08(前日比+63.61)。
NY貴金属
金8月限は1209.7ドル(前日比-13.6)。白金10月限は904.1ドル(前日比-6.2)。NY金は3日ぶりに反落した。この日発表の6月の雇用統計が予想を大幅に上回り良好な労働環境を表したことから米債利回りが上昇、金利のつかない金からの資金流出懸念で売られた。プラチナはドル高が圧迫要因となったのに加え銀の急落に連れ安し反落した。
NY原油
原油8月限は44.23ドル(前日比-1.29)。NY原油は反落した。米調査会社のデータで6月のOPECの輸出量が減産合意前の水準を上回ったとの分析結果や先週減少したリグ稼動数が今週7基増加したことで産油国の減産効果に懐疑的な見方が広がり失望売りを誘った。
シカゴコーン・大豆
コーン9月限は392.50セント(前日比+2.00)。大豆11月限は1015.50セント(前日比+16.25)。コーンは引き続きコーンベルト西部での高温熱波観測に対する警戒感で買われたほか大豆の続伸に連れ高となり反発した。大豆は米中西部産地での高温・乾燥による作柄悪化を見込んだ買いで大幅続伸した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:15米6月非農業部門雇用者数(前月比)22.2万人(予想17.8万人 前回13.8万人)
21:30米6月失業率4.4%(予想4.3% 前回4.3%)
21:30米6月平均時給(前月比)+0.2%(予想+0.3% 前回+0.1%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。