朝刊:2017/07/13

イエレンFRB議長発言を受けハイテク銘柄買われ、NYダウ、ナスダック共に大幅続伸。

NY為替
12日のNY為替市場のドル円相場はイエレンFRB 議長が議会証言で「中立的な政策姿勢となるのでFF金利をそれほど上げる必要はない」と発言したことで市場では利上げ判断がしばらく延期されるとの見方が広がりそれを受け米債が買われ米長期金利が低下し、日米金利差拡大観測の後退で円買いドル売りの流れが強まり、ドル円は前日比75銭円高ドル安の1ドル=113円20銭前後で取引を終了した。
NYダウ
12日のNY株式市場ではイエレンFRB議長が議会証言で追加利上げに消極的な発言をしたことを受け利上げ観測が後退したことから長期金利が低下し、金利上昇で割高感が意識されていたIT・ハイテク銘柄を中心に幅広い銘柄に買いを集め相場を押し上げた。又原油相場の上昇でエネルギー関連銘柄が買われたことも市場に安心感を与えた。NYダウ平均株価は前日比123ドル07セント高の21532ドル14セントと大幅続伸した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も3日続伸し、6261.17(前日比+67.87)。
NY貴金属
金8月限は1219.1ドル(前日比+4.4)。白金10月限は919.0ドル(前日比+20.3)。NY金は3日続伸した。イエレンFRB議長の議会証言で「今後数ヶ月の物価動向を見極める」と利上げに慎重な姿勢を示したことから金利のつかない金への投資妙味が増すとの見方が広がり買いを集め、上昇した。プラチナも4日ぶりに反発した。
NY原油
原油8月限は45.49ドル(前日比+0.45)。NY原油は3日続伸した。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計で原油在庫が前週比約760万バレル減り予想以上の減少となったことが買い手掛かりとされた。ただ、米国内の増産への警戒感は根強く上値は限定的だった。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は398.75セント(前日比-15.50)。大豆11月限は1034.00セント(前日比-9.25)。コーンと大豆は共に米農務省(USDA)が発表した需給報告でコーンは期末在庫が大豆は17/18年度の米国内の生産量が事前予想を上回ったことが嫌気され大幅安となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00イエレンFRB議長議会証言
27:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。