朝刊:2017/07/14

イエレンFRB議長発言や企業決算期待でハイテク銘柄買われ、NYダウ、ナスダック共に最高値更新

NY為替
13日のNY為替市場では原油相場の上昇や米株式市場の堅調を受け米債利回りが上昇しドルの買戻しが優勢となりドル円は113円台を回復した。又、この日発表となった経済指標もほぼ予想通りの結果となり市場への影響は限定的だった。ドル円相場は前日東京終値よりも20銭ほどドル高円安の1ドル=113円20銭前後で取引を終了した。
NYダウ
13日のNY株式市場ではイエレンFRB議長が議会証言で追加利上げに消極的な発言をしたことを受け利上げペースが穏やかなものになるとの観測からアップル、マイクロソフトなど大型のハイテク銘柄が買われ相場を押し上げた。これから本格化する4-6月期企業決算発表への期待も相場を下支えした。NYダウ平均株価は前日比20ドル95セント高の21553ドル09セントと小幅ながら続伸し、2日連続で過去最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も4日続伸し、6274.44(前日比+13.27)と6/8以来約1ヶ月ぶりに最高値を更新した。
NY貴金属
金8月限は1217.3ドル(前日比-1.8)。白金10月限は907.1ドル(前日比-11.9)。NY金は4日ぶりに小幅反落した。ドル高と米株式相場の上昇でリスク選好の動きが強まったことからリスク回避目的で買われた金への売りが優勢となった。プラチナも堅調な米経済指標やドル高が圧迫要因となり戻り売りに押され反落した。
NY原油
原油8月限は46.08ドル(前日比+0.59)。NY原油は4日続伸した。ナイジェリア石油相の自国の生産制限導入可能発言や国際エネルギー機関(IEA)の月報で17年の原油需要予測を前月から上方修正し過去最高水準にある世界の原油在庫が縮小に向かうとの予想で需給改善期待が膨らみ買いを誘った。ガソリンも4日続伸し、ヒーティングオイルは反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は383.00セント(前日比-15.75)。大豆11月限は975.50セント(前日比-45.25)。コーンと大豆は来週以降産地での降雨予報が出たことで高温乾燥懸念が和らいだことを受け買いポジションの転売が加速し大幅続落した。市場では一部売り持ちの解消を進めていたファンドが新たな売りを出したのではとの声も聞かれた。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米6月卸売物価指数(PPI)+0.1%(前月比)(予想0.0% 前回0.0%)
21:30米6月卸売物価指数+0.1%(コア指数)(前月比)(予想+0.2% 前回+0.3%)
21:30米新規失業保険申請件数24.7万件(予想24.5万件 前回25.0万件)
23:00米イエレンFRB議長発言

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。