朝刊:2017/07/18

4-6月期決算発表を目に様子見気分強まり、NYダウ5日ぶりの小反落。

NY為替
17日のNY為替市場では先週末発表された米消費者物価指数や小売売上高が弱い内容だったことから米10年債利回りの低下を受けドル売りが強まり一時112円台前半までドル安円高が進んだ流れが一服となり特段の材料が無い中、ドルの買戻しが加速しドル円は下げ渋りとなりドル円相場は前日終値よりも10銭ほどドル高円安の1ドル=112円60銭前後で取引を終了した。
NYダウ
17日のNY株式市場では今週から本格化する4-6月期決算発表を控え様子見ムードが強まる中、連日の最高値更新で高値警戒感もあることから利益確定売りで上値が抑えられNYダウ平均株価は前日比8ドル02セント安の21629ドル72セントと小幅ながら5日ぶりに反落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数は7日続伸し、6314.43(前日比+1.97)。
NY貴金属
金8月限は1233.7ドル(前日比+6.2)。白金10月限は930.3ドル(前日比+6.8)。NY金は続伸した。4-6月期の中国のGDPが予想を上回ったことやNY連銀が発表した7月の製造業景況指数が市場予想を大幅に下回り、FRBの追加利上げ観測が後退したことなどで金への投資意欲の高まりを期待した買いが優勢となった。プラチナもドル安や米利上げ観測の後退、中国のGDPが予想を上回ったことなどが好感され続伸した。
NY原油
原油8月限は46.08ドル(前日比+0.59)。NY原油は6日ぶりに反落した。EIAが17日公表したレポートで8月の米シェールオイルの原油生産量が7月を上回る見通しとなったことやリグの稼動数が2年ぶりの高水準となったことで米国内の供給過剰が続くとの警戒感から売りを誘った。ガソリンも6日ぶりに反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は388.00セント(前日比-1.50)。大豆11月限は985.00セント(前日比-4.00)。コーンと大豆は今週後半の降雨予報や小麦の下落に足を引っ張られ反落した。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米7月NY連銀製造業景気指数9.8(予想15.0 前回19.8)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。