朝刊:2017/07/20

4-6月期企業決算への期待でIT・ハイテク株買われ、NYダウ、ナスダック指数共に最高値更新。

NY為替
19日のNY為替市場のドル円相場は前日終値よりも20銭ほど円高ドル安の1ドル=111円80銭前後で取引を終了した。朝方は米10年債利回りが下げに転じたことや明日のECB理事会を控え持ち高調整の円買いドル売りの流れが強まり、ドル円は一時111円台半ばまで下落したもののその後米10年債利回りが下げ渋ったことや米株式市場の堅調でドルが買い戻されドル円は111円80銭台まで値を戻した。
NYダウ
19日のNY株式市場では4-6月期の企業決算への期待感からIT・ハイテク銘柄に決算発表を先取りする買いが入り上昇相場をサポートした。又、原油相場の上昇でエネルギー関連銘柄が買われるなど投資家心理の改善につながった。一方でIBM が21四半期連続の減収となり1銘柄でNYダウを40ドル以上押し下げた。NYダウ平均株価は前日比66ドル02セント高の21640ドル75セントと反発し、最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も9日続伸し、6385.04(前日比+40.74)と2日連続で最高値を更新した。
NY貴金属
金8月限は1242.0ドル(前日比+0.1)。白金10月限は924.2ドル(前日比-6.1)。NY金は小幅ながら4日続伸した。日銀金融政策決定会合やECB理事会を控え見送り気分が強い中、ドル安とトランプ政権の政策運営に対する不透明感が下支えとなり持ち高調整の買いがやや優勢となった。プラチナはドル安が支援材料となったもののトランプ政権の政策実行への懸念で戻り売りに押され反落した。
NY原油
原油8月限は47.12ドル(前日比+0.72)。NY原油は続伸した。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報で原油在庫が市場予想を上回る減少となったことで需給悪化懸念が和らいだことが買い材料視された。ガソリンなどその他製品も続伸した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は396.25セント(前日比+5.50)。大豆11月限は999.75セント(前日比+10.25)。コーンと大豆は続伸した。米中西部産地で来週高温乾燥の天候が続くとの予報を手掛かりに作柄悪化への期待で買われた。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:30米6月住宅着工件数(前月比)+8.3%(予想6.2% 前回-2.8%)
21:30米6月建設許可件数(前月比)+7.4%(予想+2.8% 前回-4.9%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。