朝刊:2017/08/03

好業績を発表したアップルが買われNYダウは6日連続の最高値を更新し、市場初の2万2000ドル台乗せ

NY為替
NY時間で朝方ドル円は111円台手前まで買い戻されていたが好決算を発表したアップルは上昇したもののその他のIT/ハイテク株の下げでナスダックが下げに転じたことや米インフレ鈍化とトランプ政権への政策の不透明感などでドルの上値が抑えられ一時110円30銭近辺まで下落した。その後ナスダックの下げ渋りや米10年債利回りが上昇に転じたことなどからドルが買い戻された。2日のNY為替市場のドル円相場はドルの買戻しが優勢となり前日比30銭ドル高円安の1ドル=110円70銭前後で取引を終えた。
NYダウ
2日のNY株式市場では好決算を発表したアップルが5%上昇しダウを49ドル近く押し上げるなど相場の上昇を牽引し、NYダウは史上初の2万2000ドル台を付けた。一方でダウの大台乗せで目先達成感もあり、積極的に上値を追う動きは限定的となった。NYダウは前日比52ドル32セント高の22016ドル24セントと2万2000ドルの大台に乗せ、6日連続で最高値更新を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数は前日比横ばいの、6362.65(-0.29)。
NY貴金属
金12月限は1278.4ドル(前日比-1.0)。白金10月限は953.8ドル(前日比+4.3)。NY金は小反落した。米株式市場の上昇やドル安一服でドルの代替資産とされる金に利益確定売りを誘った。一方でブラード米セントルイス地区連銀が早期の利上げに反対姿勢を示したことが金を下支えとなった。プラチナは続伸した。
NY原油
原油9月限は49.59ドル(前日比+0.43)。NY原油は反発した。この日発表されたEIA週報で原油在庫は予想を下回る減少に留まったことから一時売り込まれる場面もあったがガソリンの在庫が予想を大幅に上回る減少となったことが好感され反発に転じた。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は379.00セント(前日比+2.50)。大豆11月限は977.50セント(前日比+5.75)。コーンと大豆は反発した。コーンは民間調査会社によるイールド(1エーカーあたりの収穫量)推定が米農務省の推定を下回ったことを受け減産観測で買戻しを誘った。大豆は前日まで大きく下げたことから目先の悪材料が折込み済みとなり自律反発狙いの買戻しが優勢となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:15米7月ADP雇用統計(前月比)17.8万人(予想19.0万件 前回19.1万件)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。