朝刊:2017/08/10

北朝鮮をめぐる地政学リスクの高まりで金が急反発

NY為替
外国為替市場で北朝鮮リスクへの警戒感からリスク回避の円買い圧力が強まりドル円の上値が抑えられる中、米長期金利利回りが下げ止まったことやこの日発表された労働生産性や単位労働コストなどの経済指標が概ね良好な数値となったことから円高ドル安の流れが一服し9日のNY為替市場のドル円相場は東京終値とほぼ同水準の1ドル=110円前後で取引を終えた。
NYダウ
世界的な株安と米国と北朝鮮の軍事衝突への警戒感からリスク回避ムードが強まり投資家心理が悪化したことを受け利益確定の売りが優勢となった。又、ダウ採用銘柄ではディズニーが決算発表の内容が嫌気され急落し1銘柄でダウを28ドル押し下げた。9日のNY株式市場では前日比36ドル64セント安の22048ドル70セント と続落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も続落し、6352.33(-13.31)。
NY貴金属
金12月限は1279.3ドル(前日比+16.7)。白金10月限は976.1ドル(前日比+1.6)。金は急反発した。トランプ大統領の北朝鮮へのけん制発言や北朝鮮がグアム周辺へミサイル攻撃するとの警告などによる朝鮮半島有事に対する警戒感の高まりを受けリスク回避の動きが強まり安全資産とされる金へ買いを集めた。プラチナは続伸した。
NY原油
原油9月限は49.56ドル(前日比+0.39)。NY原油は反発した。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報で原油在庫が市場予想以上に減少したことが好感され相場を押し上げた。一方でガソリンはガソリン在庫が増加したことが重石となり続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は386.25セント(前日比+2.50)。大豆11月限は973.25(前日比変わらず)。コーンは反発、大豆は前日比変わらず。大豆、コーンはコーンベルトでの乾燥予報や10日の需給報告発表前のポジション調整の買い戻しで底堅い動きとなった。
今日のニュース
主な経済指標結果
20:00米MBA住宅ローン申請指数(前週比)+3.0%(予想- 前回-2.8%)
21:30米4-6月期非農業部門労働生産性・速報(前期比年率)+0.9%(予想+0.7% 前回0.1%)
21:30米4-6月期単位労働コスト・速報(前期比年率)+0.6%(予想+1.1% 前回+5.4%)
23:00米6月卸売在庫(前月比)+0.7%(予想+0.6% 前回+0.4%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。