朝刊:2017/09/13

北朝鮮リスクやハリケーン被害への警戒感が後退し、NYダウ、ナスダック共に史上最高値を更新

NY為替
北朝鮮リスクやハリケーン被害に対する投資家のリスク回避姿勢が和らぐ中、安全資産として買われた債券が売られ米長期債利回りが上昇したことを背景に、市場ではドル売り円買いのポジションを巻き戻す動きが継続し12日のNY為替市場ではドル円は前日比70銭ほど円安ドル高の1ドル=110円10銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
12日のNY株式市場では北朝鮮問題やハリケーン被害に対する警戒感が和らぎリスク回避姿勢が後退し、投資家のリスクを取る動きが強まった。米債利回りの上昇を受け金融株が引き続き買われた他住宅建設やホームセンター関連株が堅調な動きとなり相場を押し上げた。NYダウは前日比61ドル49セント高の22118ドル86セントと3日続伸、約1ヶ月ぶりに史上最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も続伸し、6454.28(+22.02)と最高値を更新した。
NY貴金属
金12月限は1332.7ドル(前日比-3.0)。白金10月限は986.5ドル(前日比-12.3)。金は続落した。北朝鮮問題やハリケーン被害に対する警戒感が薄れドル高、株高が進んだことでリスク回避の動きが後退し、安全資産とされる金を売る動きが強まった。プラチナはドル高が圧迫要因となり金の軟調で売りが優勢となった。
NY原油
原油10月限は48.23(前日比+0.16)。NY原油は続伸した。12日にOPECが発表した月報で8月の加盟国の産油量が4ヶ月ぶりに減少したことや2018年の世界の石油需要見通しを上方修正したことを受け世界的な過剰在庫が改善されるとの期待が広がり買いを誘った。ガソリンは7日ぶりに反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は351.50セント(前日比-6.00)。大豆11月限は950.50(前日比-9.50)。大豆は続落、コーンは反落した。コーンと大豆はこの日USDAが発表した需給報告で17/18年度のイールド見通しが上方修正されたことやコーンの期末在庫が引き上げられたことが弱材料となり売りが優勢となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。