朝刊:2017/10/03

強い経済指標の発表を受け安心感広がり NYダウ、ナスダック指数は揃って史上最高値更新

NY為替
この日発表された米建設支出が予想を上回ったことや米9月ISM製造業景況指数が予想以上に改善し13年ぶりの高水準となったことで米景気の好調な回復が示され、12月追加利上げの可能性が高まったことからドルを買う動きが強まった。ただ、カプランダラス連銀総裁やカシュカリミネアポリス連銀総裁が追加利上げに慎重な発言を行なったことからドルの上値も限定的となった。2日のNY為替市場でのドル円相場は先週末比20銭ほど円安ドル高の1ドル=112円70銭台半ばで取引を終えた。
NYダウ
2日のNY株式市場ではこの日発表された経済指標が予想を上回り強い数値となったことやトランプ政権の税制改革への期待の高まりで買い安心感が広がった。米長期金利の上昇で引き続き金融株が買われたほか米景気回復期待から素材株や産業株が上昇し相場を押し上げた。NYダウは前日比152ドル51セント高の22557ドル60セントと4日続伸、ハイテク銘柄中心のナスダック指数も6516.72(+20.76)と5日続伸し、両指数共に史上最高値を更新した。
NY貴金属
金12月限は1275.8ドル(前日比-9.0)。白金1月限は916.6ドル(前日比+1.1)。金は続落した。強い経済指標の発表を受け12月利上げ観測が強まったことから米長期金利が上昇しドル高が進んだことや米株式市場の堅調で投資家が運用リスクを取りやすくなるとの見方が広がり安全資産とされる金への売りが優勢となった。プラチナはパラジウムと比べて割安感から買い戻しが入り反発した。
NY原油
原油11月限は50.58(前日比-1.09)。NY原油は反落した。サウジアラビア、クェート、ナイジェリア、リビアなどの増産で9月のOPEC加盟国の生産量が拡大したことやスペインのカタルーニャ地方の独立問題への不透明感からユーロ安ドル高が進んだことが嫌気され売りが加速した。ガソリン、ヒーティングオイルは原油安に連動するかたちとなり続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は351.50セント(前日比-3.75)。大豆11月限は957.25(前日比-11.0)。大豆とコーンは反落した。大豆とコーンは米中西部産地で収穫が本格化する中、収穫に適した天候が続いていることから豊作観測が強まったことやドル高による影響で輸出の伸びが鈍化するのではとの懸念で売られた。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00米9月ISM製造業景況指数60.8(予想58.0 前回58.8)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。