朝刊:2017/10/05

強気な経済指標で米景気への楽観的な見方が広がり、NYダウ、ナスダック指数は連日の史上最高値更新

NY為替
朝方はこの日発表予定の経済指標やイエレンFRB議長の講演を前にドル売りの流れが強まりドル円は一時112円30銭台まで下落したもののイエレン議長の講演での発言で金融政策への見通しについて言及が無かったことや米9月ISM非製造業景況指数が予想を上回り12年ぶりの高い水準となり年内利上げ観測を後押しする内容だったことからドルが買い戻されドル円は112円台後半へ値を戻した。4日のNY為替市場でのドル円相場は前日比10銭ほど円高ドル安の1ドル=112円70銭前後で取引を終えた。
NYダウ
4日のNY株式市場ではこの日発表されたISM非製造業景況指数が予想を上回る内容だったことで米景気の先行きに楽観的な見方が広がったことから株価は堅調な動きとなった。もっとも連日の最高値更新で高値警戒感も意識され利益確定売りに上値が抑えられた。NYダウは前日比19ドル97セント高の22661ドル64セントと6日続伸、ハイテク銘柄中心のナスダック指数も6534.63(+2.92)7日続伸し、連日の史上最高値更新となった。
NY貴金属
金12月限は1276.8ドル(前日比+2.2)。白金1月限は914.8ドル(前日比-0.7)。金は4日ぶりに反発した。ドルがユーロに対し弱含んだことで値ごろ感からの買い戻しが優勢となった。プラチナは小幅続落した。
NY原油
原油11月限は49.98(前日比-0.44)。NY原油は3日続落した。EIAが発表した週報で米国の原油輸出が過去最高水準となったことでOPECの協調減産の妨げになるとの見方や冬場を迎えガソリンの消費量が減少することへの警戒感から売りを誘い2週間ぶりに50ドルの節目を割り込んだ。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は348.25セント(前日比-1.25)。大豆11月限は958.25(前日比+3.00)。コーンは3日続落した。来週発表される需給報告を前に高イールドによる豊作見通しでコーンの生産量予測が上方修正されるのではとの見方が弱材料視された。大豆は反発した。コーンベルトでの降雨で収穫の遅れが見込まれることやブラジル産地の高温乾燥で生産量が予測を下回るのではとの見方から買われた。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:15米9月ADP雇用統計(前月比)13.5万人(予想13.5万人 前回22.8万人)
23:00米9月ISM非製造業景況指数59.8(予想55.5 前回55.3)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。