朝刊:2017/10/23

トランプ政権による大型減税案実現の進展期待でNYダウが6日続伸し、5日連続の史上最高値更新

NY為替
この日発表された米9月中古住宅販売件数が市場予想を大幅に上回ったことや米上院での予算案可決でトランプ政権が目指す大型減税案など税制改革進展への期待を背景に債券が売られ米長期債利回りが上昇したことからリスク選好の円売りドル買いの動きが強まった。又、株高もドル買いをサポートした。20日のNY為替市場でのドル円相場は前日比1円近く円安ドル高の1ドル113円50銭前後で取引を終えた。
NYダウ
20日のNY株式市場では2018年度予算案が前日米上院で可決されたことを受けトランプ政権の法人税減税など税制改革案実現に向け進展が見られたことで企業業績の押し上げ期待の高まりから幅広い銘柄に買いが入った。又、米長期金利の上昇で利ザヤ拡大による収益改善の見方が広がり金融株が物色された。JPモルガン・チェースとゴールドマンサックスの2銘柄でNYダウを40ドルほど押し上げた。業種別では全11業種中「生活必需品」と「不動産」を除く9業種が上昇した。NYダウは前日比165ドル59セント高の23328ドル63セントと6日続伸し、5日連続で史上最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も反発し、6629.06(+23.99)と2日ぶりに史上最高値を更新した。
NY貴金属
金12月限は1280.5ドル(前日比-9.5)。白金1月限は926.8ドル(前日比+0.9)。金は反落した。19日に米上院で2018年度予算案が可決されトランプ政権の税制改革実現への期待で米長期金利が上昇したことやドル高、株高でリスク選好の動きが強まり安全資産としての金が売られた。プラチナは現物高を受け買いが優勢となり続伸した。
NY原油
原油11月限は51.47(前日比+0.18)。NY原油は小反発した。米石油サービス会社ベーカーヒューズが20日に公表した米国内の石油掘削装置(リグ)が前週比7基減り、3週連続で減少したことやOPEC、非OPEC加盟国の協調減産延長の可能性の高まりで需給改善が続くとの見方から押し目買いを誘った。クルド問題をめぐる地政学リスクへの警戒も下支え要因となった。ガソリン、ヒーティングオイルも買われた。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は344.50セント(前日比-4.50)。大豆11月限は978.75(前日比-7.75)。大豆とコーンは反落した。ドル高が嫌気された他米中西部産地で乾燥した天候が続くとの観測を受け収穫が順調に進むとの見方が広がり売りが優勢となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00米9月中古住宅販売件数(前月比)+0.7%(予想-0.9% 前回-1.7%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。