朝刊:2017/11/07

エネルギー関連とM&A関連株が買われNYダウ、ナスダック指数は連日の最高値更新

NY為替
6日のNY為替市場では目立ったドル売りの材料は見当たらない中、米長期債利回りが低下したことや米下院での税制改革法案が財政赤字拡大への懸念から審議が難航するのではとの思惑が浮上していることで可決できるか懐疑的な見方が広がりドル売りが優勢となった。ドル円相場は前日比30銭ほど円高ドル安の1ドル113円70銭台で取引を終えた。
NYダウ
6日のNY株式市場ではサウジアラビアの政治の混乱を背景に原油相場が上昇を続けていることからシェブロンやエクソンモービルが買われ2銘柄でNYダウを18ドル前後押し上げるなどエネルギー関連の堅調が相場の上昇をサポートした。その他ではウオールト・ディズニーがM&Aに絡んだ思惑で大幅上昇した。NYダウは前日比9ドル23セント高の23548ドル42セントと5日続伸し、ハイテク銘柄中心のナスダック指数も6786.44(+22.00)と連日の過去最高値更新となった。
NY貴金属
金12月限は1281.6ドル(前日比+12.4)。白金1月限は935.0ドル(前日比+13.1)。金は反発した。ドル高一服やサウジアラビアの政治の混乱を背景とした地政学リスクへの懸念から安全資産とされる金が買われた。プラチナはドル高一服と原油高を受けて地合いを引き締めた。
NY原油
原油12月限は57.35(前日比+1.71)。NY原油は大幅続伸した。サウジアラビアで王子や閣僚が拘束されたことや隣国イエメンからのミサイル発射など中東での地政学リスクの高まりやサウジ・アラムコの上場に絡んだ思惑で買われた。ガソリン、ヒーティングオイルも続伸した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は348.00セント(前日比-0.25)。大豆1月限は994.00(前日比+7.25)。大豆が反発、コーンは小幅に続落した。大豆はブラジル通貨のレアルの反発が好感されたことや今週発表される需給報告で生産見通しが下方修正されるとの思惑で買われた。一方でコーンは需給報告で生産見通しが引き上げられるとの見方から売りを誘った。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。