朝刊:2017/11/08

材料難で方向感に乏しい中、NYダウは4日連続の過去最高値更新、ナスダック指数は反落

NY為替
この日は主要な経済指標の発表も無く手掛かり材料に欠ける中、米長期債利回りが低下したことでドルの上値が抑えられた。序盤、ドル円は114円台前半でのもみ合いで推移していたがNY株式相場がやや上値の重い展開で推移していたことからドルが売られドル円は113円台後半へ水準を下げて取引された。7日のNY為替市場ではドル円相場は前日比20銭ほど円安ドル高の1ドル113円90銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
7日のNY株式市場では手掛かり材料難から方向感に乏しい中、利益確定売りに押される展開となった。米長期債利回りの低下で銀行株が売られたほかエネルギー株の軟調で上値が抑えられNYダウは小安く推移していたが引け間際に下げ渋る動きとなり小幅高に転じた。NYダウは前日比8ドル81セント高の23557ドル23セントと小幅に6日続伸し、4日連続で最高値を更新した。一方ハイテク銘柄中心のナスダック指数は6767.78(-18.66)と反落した。
NY貴金属
金12月限は1275.8ドル(前日比-5.8)。白金1月限は925.3ドル(前日比-9.7)。金は反落した。ドル高に加え原油高が一服したことが重石となり利益確定売りに押された。プラチナも反落した。
NY原油
原油12月限は57.20(前日比-0.15)。NY原油は4日ぶりの小反落。中東情勢の緊迫化などにより7日の時間外取引で2年ぶりの高値を付けたあと高値警戒感から利益確定売りに押されるかたちとなった。ガソリンは反落。ヒーティングオイルは3日ぶりに反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は347.75セント(前日比-0.25)。大豆1月限は996.00(前日比+2.00)。大豆が続伸、コーンは小幅に続落した。大豆は引き続き9日に発表される需給報告で生産見通しが下方修正されるとの見方が材料視された。コーンはハードプレッシャーと需給報告前の整理売りが圧迫要因となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。