朝刊:2017/11/09

薬品株などの出遅れ株が物色され、NYダウは5日連続の最高値更新、ナスダック指数は反発

NY為替
8日のNY為替市場では序盤はワシントン・ポストが法人税引き下げを一年先送りする可能性があると報じたことを受けドルが売られドル円は一時113円40銭台へ下落した。その後米上院は予定通り9日に法案を公表するとの一部報道で株式相場や米10年債利回りが上昇したことからドルが買い戻されドル円は113円後半へ値を戻した。ドル円相場は前日比10銭ほど円高ドル安の1ドル113円90銭近辺で取引を終えた。
NYダウ
8日のNY株式市場ではワシントン・ポストが米税制改革案の法人税引き下げを1年先送りするとの報道で米税制改革案成立への不透明感から売り先行となった。その後上昇相場に出遅れ感が目立つメルクなど薬品株の一角が買われ相場を押し上げた。一方では米債券市場で長短金利差の縮小が継続していることから利ざや縮小が懸念されたJPモルガンチェースなど金融株が売られ相場の重石となった。NYダウは前日比6ドル13セント高の23563ドル36セントと小幅に7日続伸し、5日連続で最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数は6789.12(+21.33)と2日ぶりに反発した。
NY貴金属
金12月限は1283.7ドル(前日比+7.9)。白金1月限は937.9ドル(前日比+12.6)。金は反発した。法人税引き下げを1年先送りするとの報道で米税制改革法案に対する不透明感から安全資産としての金を買う動きが強まった。又、サウジアラビアを巡る中東情勢の緊迫化や北朝鮮に対するトランプ大統領の強硬姿勢などの地政学リスクも意識されたようだ。プラチナはドル安や金の堅調に支援され反発した。
NY原油
原油12月限は56.81(前日比-0.39)。NY原油は続落した。中国の10月の貿易統計で原油輸入量が前月に比べ減少したことやEIAが発表した週報で原油在庫が予想以上に増加したことが嫌気された。ガソリンは反発、ヒーティングオイルは続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は348.25セント(前日比+0.50)。大豆1月限は998.25(前日比+2.25)。大豆が続伸、コーンは反発した。大豆とコーンは9日のUSDA需給報告前の玉整理のための買い戻しが相場を下支えした。
今日のニュース
主な経済指標結果
21:00米MBA住宅ローン申請指数(前週比)0.0%(予想- 前回-2.6%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。