朝刊:2017/11/22

日欧株高や好調な企業決算を背景にリスク選好の動き強まりNYダウ、ナスダックともに過去最高値更新

NY為替
21日のNY為替市場では米債券利回りの低下を受けドルが売られドル円は一時112円18銭へ下落した。その後米債券利回りが下げ止まり反発するとドル円も112円台半ばまで値を戻した。23日の感謝祭休暇を控え市場参加者も少ない中、方向感の乏しい値動きとなった。ドル円相場は前日比20銭ほど円高ドル安の1ドル=112円40銭台半ばで取引を終えた。
NYダウ
21日のNY株式市場では日欧の株高を受けリスク選好の動きが強まったことに加え取引開始前に発表された小売業などの決算が好調だったことから年末商戦に向けて更に業績の拡大が見込まれ、景気敏感株やIT/ハイテク株中心に買いを集め相場の上昇を牽引した。NYダウは前日比160ドル50セント高の23590ドル83セントと大幅続伸し、過去最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も最高値を更新し、6862.48(+71.76)。
NY貴金属
金12月限は1281.7ドル(前日比+6.4)。白金1月限は938.0ドル(前日比+14.4)。金は反発した。新規の材料不足の中、ドルが主要通貨に対し弱含んだことからドルの代替資産とされる金が買われた。プラチナも反発。ドル安や金の堅調が支援材料となった。
NY原油
原油1月限は56.83(前日比+0.41)。NY原油は反発した。30日に開催されるOPEC総会でOPEC加盟国とロシアなど非加盟国が来年3月に期限切れする協調減産の更なる延長に合意するとの見方が広がり買いが優勢となった。ガソリン、ヒーティングオイルも反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン12月限は345.00セント(前日比変わらず)。大豆3月限は1000.25(前日比-1.00)。大豆は小幅に続落、コーンは前日比変わらず。大豆は前日の作柄報告でコーンベルトの収穫が順調に進んでいることが明らかになり供給拡大観測が嫌気された。コーンは小麦の堅調が下支えとなったもののコーンベルトでの収穫進行や高イールドが意識され強弱感が対当した。
今日のニュース
主な経済指標結果
24:00米10月中古住宅販売件数(前月比)+2.0%(予想+0.2% 前回+0.4%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。