朝刊:2017/12/05

米税制改革案の上院での可決を受け大型減税への期待が高まりNYダウは2日ぶりの過去最高値更新

NY為替
2日に米上院で米税制改革案が可決されたことから米株式市場でNYダウが史上最高値を更新したことを受けドル買いが強まりドル円は一時113円台へ上昇した。その後米下院委員会がロシア疑惑で2名の議員を調査するとの報道でNYダウは伸び悩みとなり米10年債利回りの低下でドルが売り直されドル円は112円台半ばへ押し戻された。4日のNY為替市場ではドル円相場は先週末に比べ30銭ほど円安ドル高の1ドル=112円50銭前後で取引を終えた。
NYダウ
4日のNY株式市場では米税制改革案が上院で可決されたことを受け年内の税制改革実現への期待が高まり法人税引き下げのメリットを享受し易い金融株や小売株などが買われた他M&A絡みでウォルト・ディズニーが5%上昇、ダウを34ドルあまり押し上げた。NYダウは一時300ドル以上上昇する場面もあった。一方で税率引き下げ効果の低いアマゾン・ドッコムやマイクロソフトなどのIT/ハイテク株が売られ上値が抑えられた。引けにかけNYダウは伸び悩み前日比58ドル46セント高の24290ドル05セントと反発し2日ぶりに過去最高値を更新した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数は続落し、6775.37(-72.22)。
NY貴金属
金2月限は1277.7ドル(前日比-4.6)。白金1月限は926.0ドル(前日比-14.6)。金は反落した。米税制改革案の可決で税制改革の年内実現への期待の高まりでドル高が進みNYダウが過去最高値を更新したことなどが圧迫要因となり金の売りを誘った。プラチナは続落した。ユーロ安ドル高が嫌気されたことや金やパラジウムの軟調で下げ幅を拡大した。
NY原油
原油1月限は57.47(前日比-0.89)。NY原油は反落した。石油サービス会社ベーカー・ヒューズ社が1日公表したリグの稼動数が前週に比べ増加したことから米国内のシェールオイル増産への警戒感が相場の重石になり利益確定売りに押された。ガソリン、ヒーティングオイルも反落した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は353.50セント(前日比-5.25)。大豆3月限は1010.25(前日比+4.25)。大豆は続伸しコーンは反落した。大豆はアルゼンチン産地の乾燥天候予測で作柄悪化が懸念され買いが優勢となった。一方で輸出検証高が前年同期を下回り伸び悩みとなったことや原油安に圧迫され上げ幅を縮小した。コーンは米農務省が発表した輸出検証高が低調となったことや原油安、金安で利益確定売りが膨らんだ。
今日のニュース
主な経済指標結果
24:00米10月製造業新規受注-0.1%(予想-0.4%% 前回+1.7%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。