朝刊:2017/12/19

米税制改革の減税効果による企業業績拡大期待を背景にNYダウ、ナスダック指数は連日の史上最高値更新

NY為替
米税制改革の進展への期待が高まる中、為替市場では米税制改革案の年内成立は既に織り込み済みとの見方が広がり序盤はドル売りがやや優勢となったものの後半は株高や米債利回りの上昇でドルが下げ渋りドル円は112円台半ばで推移した。18日のNY為替市場ではドル円相場は前日比ほぼ変わらずの1ドル=112円50銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
18日のNY株式市場では米税制改革案が今週にも成立する見込みとなったことを受け減税効果による企業業績の拡大期待から引き続き銀行株やIT/ハイテク株など幅広い銘柄が買われ相場の上昇を牽引した。NYダウは一時200ドル超上昇した。ナスダック指数は取引時間中に史上初の7000ポイント台乗せとなった。NYダウは前日比140ドル46セント高の24792ドル20セント、ハイテク銘柄中心のナスダック指数は6994.76(+58.18)と続伸し、揃って史上最高値を更新した。
NY貴金属
金2月限は1265.5ドル(前日比+8.0)。白金1月限は913.2ドル(前日比+23.8)。金は4日続伸した。為替市場でドル高が一服したことが支援材料となった。プラチナは3日続伸した。ドル安と株高を受け買戻しが優勢となった。
NY原油
原油1月限は57.16(前日比-0.14)。NY原油は小反落した。ナイジェリアの石油労組のストが延期となり来月労使交渉を再開すると伝わったことや北海油田のパイプラインは早ければ今週中にも稼動が再開する見通しとなったことから目先の懸念材料が後退したことを受け利益確定売りを誘った。ガソリン、ヒーティングオイルは反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は347.00セント(前日比-0.50)。大豆3月限は972.50(前日比-5.50)。大豆とコーンは3日続落した。大豆はアルゼンチン産地での降雨予測や来年のブラジルの収穫量が米農務省の予測を上回るとの見方などが売り材料視された。コーンはアルゼンチン産地の降雨観測と米国産コーンの輸出が低迷しているが圧迫要因となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
24:00米12月NAHB住宅市場指数74(予想70 前回69)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。