朝刊:2017/12/27

リビアのパイプライン爆発を受けNY原油は大幅続伸、一時2年半ぶりの60ドル台回復

NY為替
26日のNY為替市場ではクリスマス休暇明けとなったもののこの日はロンドン市場がボクシングデーで休場となり欧州勢などの市場参加者が限られる中、米10年債利回りの低下や米株式相場の軟調でややドル売りが優勢となった。ドル円は小幅な値動きで推移し、前日東京終値より10銭程度円高ドル安の1ドル=113円10銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
クリスマス3連休明けの26日のNY株式市場では、引き続き年末休暇をとる投資家も多く商いが盛り上がりに欠ける中、アップルが大幅安となり相場を圧迫したほか半導体関連株に利益確定売りが優勢となった。一方で原油高を受けエネルギー関連株が買われ相場を下支えした。NYダウは前日比7ドル85セント安の24746ドル21セントと小幅に続落した。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も続落し、6936.25(-23.71)。
NY貴金属
金2月限は1287.5ドル(前日比+8.7)。白金1月限は923.5ドル(前日比+0.5)。金は4日続伸した。米債利回りの低下を受け為替市場でややドル安が進んだことや北朝鮮リスクへの警戒などが支援材料となった。プラチナはドル安や金の堅調が下支えした。
NY原油
原油2月限は59.97(前日比+1.50)。NY原油は5日続伸した。リビアで原油輸出ターミナルにつながるパイプラインが爆発したことを手掛かりに買われ一時2年半ぶりに60ドル台を回復した。又、米北東部の寒波の到来で来週半ばまで厳しい寒さが続くとの予報からヒーティングオイルなどの石油製品の需要の高まりが期待され原油高をサポートした。ガソリン、ヒーティングオイルも続伸した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は352.75セント(前日比+0.75)。大豆3月限は970.50(前日比+10.25)。大豆は続伸した。大豆はアルゼンチン産地の高温乾燥懸念が再燃したことや大豆油の上昇が支援材料となった。コーンは小幅に続伸した。新規の手掛かり材料は無かったものの大豆と小麦の上昇を受け買い戻しを誘った。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:00米10月ケース・シラー住宅価格指数(前年同月比)+6.4%(予想+6.3% 前回+6.2%)
24:00米12月リッチモンド連銀製造業指数20(予想30 前回21)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。