朝刊:2017/12/29

企業業績拡大期待で買われNYダウは18日以来の史上最高値更新

NY為替
前日の東京為替市場で北朝鮮リスクの再燃を受けリスク回避の円買いドル売りが強まりドル円が112円台後半へ急落した流れを引継ぎ28日のNY為替市場では円高ドル安の流れが継続したもののこの日発表されたシカゴ購買部協会景気指数が予想を上回り6年半ぶりの高水準となったことからドルが買われドル円はやや値を戻した。ドル円相場は前日東京終値より5銭ほど円安ドル高の1ドル=112円80銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
28日のNY株式市場では年末休暇に入った投資家も多く薄商いとなる中、この日発表されたシカゴ購買部協会景気指数が予想を上回り米景気拡大が継続しているとの見方から企業業績への拡大期待で買われた。ただ、年末を控え材料難から相場は底堅く推移したものの小幅な値動きとなりNYダウは前日比63ドル21セント高の24837ドル51セントと続伸、18日以来の史上最高値更新となった。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も続伸し6950.16(+10.82)。
NY貴金属
金2月限は1297.2ドル(前日比+5.8)。白金1月限は926.9ドル(前日比+3.2)。金は6日続伸した。ドル安ユーロ高や北朝鮮リスクの再燃で安全資産としての金が買われた。又、銅先物の上昇が継続していることも金の支援材料となった。プラチナは続伸した。ユーロ高ドル安を受け買いが優勢となった。
NY原油
原油2月限は59.84(前日比+0.20)。NY原油は小反発した。朝方はリビアのパイプライン爆発などによる供給懸念が後退したことから利益確定売りが優勢となりやや弱含みで推移したがこの日EIAが発表した週報で米石油在庫の減少が継続していることが好感され小幅ながらプラスに転じた。ガソリン、ヒーティングオイルは小幅続伸した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は352.00セント(前日比-1.75)。大豆3月限は956.75(前日比-10.75)。コーンは反落、大豆は続落した。大豆はアルゼンチンでの降雨観測で高温乾燥懸念が後退し作柄が改善するとの見方から売りが優勢となった。コーンは前日まで6連騰したこともあり大豆安に追随するかたちで利益確定売りが優勢となった。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:30米新規失業保険申請件数(前週分)24.5万件(予想24.0万件 前回24.5万件)
23:45米12月シカゴ購買部協会景気指数67.6(予想63.9 前回62.0)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。