夕刊:2018/12/19

オイルは昨日に引き続いての4桁安。金は終日小幅値動き

為替

19日の東京市場でドル・円はもみ合い。今晩の米連邦準備制度理事会(FRB)による政策決定を前に来年の金融政策をめぐり思惑が交錯し、方向感の乏しい値動きとなった。FRBは18-19日の連邦公開市場委員会(FOMC)での討議を踏まえ、今年4回目の利上げに踏み切る公算。ただ、トランプ政権からの批判や2019年の利上げペース鈍化の観測で、ドル・円は売り買いが交錯し、方向感は乏しい。午後の日経平均株価がさえない動きとなったことで再び売りが進み、14時前には一時112.25円付近まで下押しした。もっとも、米長期金利の低下が一服したこともあり、午前につけた安値の112.19円手前では下げ止まった日経平均先物はマイナス圏での推移が続き、日本株安継続への警戒感から円買いに振れやすい。米株式先物はプラス圏で推移しており、日経平均が下げ渋れば目先の円買いは限定的だった。本日これまでのレンジ:ドル・円:112.19円-112.60円、ユーロ・ドル:1.1360ドル-1.1390ドル、ユーロ・円:127.71円-128.11円。

株式(日経平均)

19日の東京株式市場は、日経平均株価が値下がりし、取引時間中としては10月26日以来、2カ月弱ぶりに21000円を下回った。前日終値より127円53銭安い(-0.60%)20987円92銭で引けた。米中貿易戦争や世界景気の減速などが懸念され、下げ幅は一時200円を超え20880円73銭の安値を付けた。その後は売り買いが交錯し、もみ合う展開が続いている。この日上場したソフトバンクの初値が事前の売り出し価格を下回ったことも、相場の悪材料になったとみる。期待が高かった大型上場のソフトバンクが振るわず、市場全体が盛り上がらなかった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を控え、相場の下値を試す売りが一服。一方でFOMC後には米株式相場や外国為替相場が大きく動く可能性もあり、動向を見極めたいとして押し目買いも鈍く20900円台中心の狭いレンジで膠着した。TOPIX:1556.15 -6.36 -0.41%、マザーズ +10.18 +1.16%。東証一部の出来高17億3903万株、売買代金2兆8046億円、値下り銘柄1171、値上り銘柄883、変わらず75。

貴金属

金先限帳入値4507円(前日比+5円)銀先限帳入値53.1円(前日比-0.1円)白金先限帳入値2866円(前日比+8円) パラジウム先限帳入値4065円(前日比-35円)東京金は、総じて小幅高。序盤、小幅高で推移後に1ドル=112.10円台まで円高進行から上げ幅を失い、小安くなる場面があった。しかし円が112.40円台に反落すると、おおむねプラスサイドに浮上し、当限を除き小幅高。 午後に入ってもこじっかりとした動き。ただ、値を伸ばして上昇していく形にはなってはいない。取り組みも72000枚前後と少なくなっており、閑散とした商いに終始する。東京プラチナは、小幅高。ニューヨーク小幅安も序盤から買い先行。円相場が1ドル=112.10円まで上昇したが、地合いは緩むことなく、小じっかりと推移。ドル建て現物相場が793ドル台に上昇していることに支援されている。しかし、こちらも午後に入ると午前中の上げ幅を消す形になる。為替の動きにつられる形となるが2850円は割れずに終える。

石油

原油先限帳入値38310円(前日比-1600円) ガソリン先限帳入値49200円(前日比-1870円)灯油先限帳入値53940円(前日比-1650円)午前の東京石油市場は大幅安。ほぼすべての限月が4ケタ超の下げとなっており、一部は2000円近く下げている。多少戻すことがあっても、力強い動きにはならず。世界的な景気減速と石油需要の下振れ懸念を背景に海外原油が一段安となり、国内市場を押し下げた。円相場は1ドル=112円半ばで、前日水準とほぼ変わらず。時間外取引でニューヨーク原油は強含んでいるものの、前日の安値圏からほとんど離れていない。米石油協会(API)が発表した米週間石油在庫統計で、原油在庫は市場予想に反して増加したが、特に材料視されていない。午後に入っても値を上げることはなく、終始安値圏でもちあう。年初来安値を更新したことで、一段と原油市場は下値を警戒されやすいムードとなった。

ゴム

ゴムRSS先限帳入値171.1円(前日比-0.2円)ゴムTSR先限帳入値147.5円(前日比-0.5円)ゴムRSSは、軒並み安となっている。特に目立った材料も見当たらないことから、最近の上昇に対する調整場面とみる。先週から期近主導で急伸している東京ゴムだが、前日から上値が重くなっている。出来高も減少しており、昨日からの売りは、新規の売りより、利食い売りによるところが多きそうだ。午後に入ってもじりじりと値を下げる。170円を抜けたことで、市場はある種、目先の達成感があった形。ここから上をトライするには新しい材料が必要かもしれない。現在、生産国では、輸出規制等の価格支援策が検討されている。したがって、これらが現実味を帯びてくると再び地合いを引き締め、もう一段と上昇する材料となりそうだ。

とうもろこし・大豆

コーン先限帳入値は23900円(前日比-50円)先限は同ザヤ化し、23950円水準で推移。円高進行にも下値か堅いが油断は禁物。最近の流れとしては寄付きには多少出来高があるものの、午後に入ると値をずるずると落とす形。出来高も依然として増えず。今のところ穀物単体でのニュースでは日本時間の取引では動かなくなっている。為替主導で動くきっかけがあるかどうか。


掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。