朝刊:2018/01/09

4日連続の史上最高値更新の後で利益確定売りに押されNYダウは5日ぶりの反落

NY為替
この日は目立った経済指標の発表も無く手掛かり材料に欠ける中朝方はややドルが伸び悩んだもののユーロが対主要通貨に対し弱含んだことや米10年債利回りの上昇を受けドルの買戻しが優勢となりドル円は113円台前半で底堅く推移した。8日のNY為替市場ではドル円相場は前週末終値とほぼ同水準の1ドル=113円10銭近辺で取引を終えた。
NYダウ
8日のNY株式市場では今週から始まる米10-12月期決算発表を控え企業業績への期待を背景とした買いが継続し一時ザラバで史上最高値を更新する場面があったものの前週末までNYダウが4日連続して最高値を更新した後ということから取引終盤にかけ利益確定売りに押されダウは小幅安に転じた。NYダウは前日比12ドル87セント安の25283ドル00セントと5日ぶりに反落した。一方でハイテク銘柄中心のナスダック指数は5日続伸し7157.39(+20.83)と5日連続で史上最高値更新した。
NY貴金属
金2月限は1320.4ドル(前日比-1.9)。白金4月限は976.4ドル(前日比+1.2)。金は12日ぶりに反落した。11日続伸した後で目先利益確定売りの出易い環境の中、ドル高ユーロ安が進んだことに圧迫された。プラチナは続伸した。ドル高ユーロ安が圧迫材料となったものの株高やパラジウムの反発が下支えとなった。
NY原油
原油2月限は61.73(前日比+0.29)。NY原油は反発した。5日にベーカー・ヒューズが公表したリグ稼動数が前週から5基減ったことが好感されたことやイランの反政府デモが鎮静化に向かいつつあるものの完全に収束していないことが引き続き懸念された。ガソリンは反発した一方でヒーティングオイルは3日続落した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は347.25セント(前日比-4.00)。大豆3月限は966.75(前日比-4.00)。コーンと大豆は反落した。大豆はアルゼンチン産地での降雨観測やドル高が売り材料視された。コーンはドル高による輸出への影響が懸念されたことに加え12日の米穀物需給発表を前に持ち高調整の売りに押された。
今日のニュース
主な経済指標結果
なし

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。