朝刊:2018/01/18

好調な決算発表を背景に米企業業績の拡大期待でNYダウは300ドル超上昇、終値ベースで史上初の26000ドル台乗せ

NY為替
この日発表された米12月鉱工業生産指数などの経済指標が予想を上回る強い内容だったことや米株式相場の力強い上昇を受け米10年債利回りが上昇したことからドルが買われ円安ドル高が進みドル円は111円台を回復した。17日のNY為替市場のドル円相場は前日東京終値より50銭ほど円安ドル高の1ドル=111円20銭台後半で取引を終えた。
NYダウ
17日のNY株式市場では先週末から本格化している米主要企業の10-12月期決算発表が概ね好調な結果となったことを背景に企業業績拡大の期待から買い安心感が広がり好決算銘柄中心に買いを集め株式相場は力強く上昇した。NYダウ平均株価は前日比322ドル79セント高の26115ドル65セントと大幅反発し史上初の終値ベースでの26000ドル台超えとなった。ハイテク銘柄中心のナスダック指数も7298.28(+74.60)と反発し過去最高値を更新した。
NY貴金属
金2月限は1339.2ドル(前日比+2.1)。白金4月限は1010.9ドル(前日比+6.0)金とプラチナは5日続伸した。金はドル安ユーロ高を背景に買われるも米債利回り上昇やドル安一服で上値は重かった。プラチナは株高とユーロ高が支援材料となった。
NY原油
原油2月限は63.97(前日比+0.24)。NY原油は反発した。米株式相場の大幅上昇を受けリスク選好意欲が高まり原油先物市場への資金流入期待が買いに繋がった。又、18日発表の米週間在庫統計で原油在庫の減少が予想され需給の引き締まりを期待した買いも入った。ヒーティングオイルとガソリンは反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は353.00セント(前日比+4.75)。大豆3月限は968.75(前日比+0.75)。大豆とコーンは続伸した。大豆はドル安とUSDAが公表した仕向け地不明の大口輸出成約が好感された。コーンはブラジル産地の降雨による作付け遅延を懸念した買いやファンドの売り持ち解消の買い戻しが入った。
今日のニュース
主な経済指標結果
23:15米12月鉱工業生産(前月比)+0.9%(予想+0.4 前回-0.1%)
24:00米1月NAHB住宅市場指数72(予想72 前回74)
28:00米地区連銀経済報告(ベージュブック)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。