朝刊:2018/01/29

強気の経済指標と好調な企業決算を背景に買い安心感広がり米主要3指数が揃って史上最高値更新

NY為替
トランプ発言を受けてドル売りが巻き戻され外国為替市場で円安ドル高が進んだ流れを引き継ぎ26日のNY為替市場では朝方にドル円が109円台半ばまで上昇したもののダボス会議で黒田日銀総裁がインフレや賃金の改善に言及したことから日銀の量的緩和策解除への思惑から円買いが加速しドル円は一時108円20銭台後半へ軟化した。その後日銀が「黒田総裁はダボスでインフレ見通しを修正したわけではない」との声明を発表したことを受けドルが買い戻されドル安が一服となりドル円相場は前日比80銭ほど円高ドル安の1ドル=108円台後半で取引を終えた。
NYダウ
26日のNY株式市場ではこの日発表された米12月耐久財受注が予想を上回ったことや米10-12月期GDP速報値は予想を下回ったものの個人消費の伸びが6四半期ぶりとなるなど強気の経済指標を背景に米景気拡大の継続が示されたことで買い安心感に繋がりインテルやスリーエムなど前日好決算を発表した銘柄などが買われ相場の上昇をけん引した。又、これまで発表された米主要企業の決算で約8割以上が市場予想を上回ったことから来週以降も好決算が続くとの見方が広がり相場上昇をサポートした。NYダウは前日比223ドル92セント高の26616ドル71セントと大幅に3日続伸し、ハイテク銘柄中心のナスダック指数も7505.77(+94.61)と3日ぶりに反発し揃って史上最高値を更新した。
NY貴金属
金2月限は1352.1ドル(前日比-10.8)。白金4月限は1018.4ドル(前日比-13.7)金とプラチナは4日ぶりに反落した。対ユーロでのドル安が一服したことや米長期債利回り上昇を受けリスク回避姿勢が後退し利益確定売りが優勢となった。
NY原油
原油3月限は66.14(前日比+0.63)。NY原油は反発した。この日ベーカー・ヒューズが発表したリグの稼働数が前週比12基増加し米国内での増産基調が確認された一方で米景気拡大を背景に原油需要の伸びが見込まれ需給改善が期待されたことやドル安による割安感の台頭が買い材料となった。原油高を受けヒーティングオイルは5日続伸し、ガソリンは反発した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は365.50セント(前日比+1.25)。大豆3月限は985.50(前日比-6.75)。大豆は反落し、コーンは反発した。大豆はアルゼンチン産地の乾燥気候で作付けが悪化するとの見方から買われた流れが一服し米国産大豆の週間輸出成約高がアナリスト予想を下回ったことを手掛かりに利益確定売りが優勢となった。コーンはドル安と原油高が支援材料となったほか米農務省発表の週間輸出成約高がアナリスト予想を上回ったことや仕向け地不明の輸出成約が好感された。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:30米12月耐久財受注(前月比)+2.9%(予想+0.9% 前回+1.7%)
22:30米10-12月期四半期GDP速報値(前期比年率)+2.6%(予想+3.0% 前回+3.2%)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。