朝刊:2018/02/02

米長期金利上昇に上値が抑えられる中エネルギー株や好決算銘柄などの押し目買いでNYダウは続伸

NY為替
この日発表した米新規失業保険申請件数が予想以上に減少したことや米1月ISM製造業業況指数が予想を上回ったことなどで米長期債利回りが上昇したもののドル買いへの反応は鈍かった。一方でドルがユーロに対し下落したことを受けドル円は伸び悩みとなり109円台前半でもみ合う動きとなった。1日のNY為替市場でのドル円相場は前日比10銭ほど円安ドル高の1ドル=109円30銭前後で取引を終えた。
NYダウ
前日のFOMC後の声明文でインフレ見通しが上方修正されたことから3月利上げ観測が強まり米長期金利の上昇を受け序盤は利益確定売りが先行し株式相場は弱含みで推移した。売り一巡後は好決算銘柄やエネルギー関連銘柄などに押し目買いの動きが広がりNYダウはプラスに転じた。NYダウは前日比37ドル32セント高の26186ドル71セントと続伸した。一方ハイテク銘柄中心のナスダック指数は反落し7385.86(-25.62)。
NY貴金属
金4月限は1347.9ドル(前日比+4.8)。白金4月限は1007.8ドル(前日比+3.5)金とプラチナは続伸した。外国為替市場でのドル安ユーロ高を背景にドル建てで取引される金やプラチナの割安感が広がり買いを誘った。
NY原油
原油3月限は65.80(前日比+1.07)。NY原油は大幅続伸した。米国内でのシェール・オイルの生産が増加傾向にある中OPEC、非OPECなど主要産油国の協調減産継続やベネズエラの生産量の減少などで世界的な需給の引き締まりを期待する買いが膨らんだ。又、ゴールドマン・サックスの一段の原油高を予想したレポートが公表されそれを材料視した買いもあった模様。ヒーティングオイルとガソリンも上昇した。
シカゴコーン・大豆
コーン3月限は361.75セント(前日比+0.25)。大豆3月限は985.00(前日比-10.75)。大豆は続落しコーンは小幅高。大豆はアルゼンチン産地の降雨予報で高温乾燥懸念が後退したことや低調な輸出成約高を嫌気した売りで下げが加速した。コーンはUSDAが発表した輸出成約高が市場予想を上回り好調を維持したことを手掛かりに買われた。
今日のニュース
主な経済指標結果
22:30米新規失業保険申請件数(前週分)23.0万件(予想23.5万件 前回23.1万件)
24:00米1月ISM製造業景況指数59.1(予想58.6 前回59.3)

掲載内容は情報提供を目的としております。情報につきましては細心の注意を払っておりますが、正確さを保証するものではありません。また、取引における判断はお客様ご自身で行って下さい。